ベンガルガキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベンガルガキ
Malabar Ebony.jpg
ベンガルガキの花
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク上群 superasterids
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: カキノキ科 Ebenaceae
: カキノキ属 Diospyros
: ベンガルガキ D. malabarica
学名
Diospyros malabaricaDesr.Kostel.1834[1]
シノニム
  • Diospyros biflora Blanco
  • Diospyros citrifolia Wall. ex A.DC.
  • Diospyros glutinifera (Roxb.) Wall.
  • Diospyros glutinosa J.Koenig ex Roxb.
  • Diospyros malabarica var. siamensis (Hochr.) Phengklai
  • Diospyros peregrina (Gaertn.) Gürke
  • Diospyros peregrina f. javanica Kosterm.
  • Diospyros siamensis Hochr.
  • Embryopteris gelatinifera G.Don
  • Embryopteris glutinifera Roxb.
  • Embryopteris glutinifolia Link
  • Embryopteris peregrina Gaertn.[2]
和名
ベンガルガキ
インドガキ
ナンヨウガキ[3]
英名
Malabar ebony
Wild mangosteen
River ebony

ベンガルガキ(学名 : Diospyros malabarica)(あるいはインドガキナンヨウガキ)は、インドスリランカバングラデシュ東南アジアを原産地とするカキノキ科被子植物である。常緑高木である。

特徴[編集]

本黒檀の一種である。寿命が長く、非常にゆっくりと成長する。樹高は35 m、幹は直径 70 cmまで達することがある[4]タイ王国アーントーン県の木である。枝が多く樹冠は密となる。樹皮は、黒色平滑である。は互生で、その形状は、長楕円形で、その長さは10 -23cmになる。革質で光沢がある。花弁は4枚あり、色は、汚黄色である。雄花は、直径1.2cmで、3 - 6個に集合している。雌花は直径1.5 cmである。果実は、卵形で、直径4 - 6 cmの大きさ、へたが4片ある。熟すると果皮が黄色くなり、褐色の果粉が豊富につく。未熟の果実には豊富なタンニンが含まれている。熟した果実は食べることができるが、渋みがやや多く残る場合がある。種子が4 - 8個ある。心材は黒色で、暗色の縞がある。比重は、0.74 - 083 である[3]

利用[編集]

樹皮、葉、花、果実は、アーユルヴェーダ医学では、薬用として使用されている。未熟な葉や果実は、伝統的に布を黒く染める染料として使用されている[5]。樹木からしみ出した粘着性のある物質は、伝統的にボートの防水加工や接合に使用された[4]。材は、建築や家具の用材として使用される[3]

諸言語における呼称[編集]

本種は、地域によっては以下のように呼ばれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Diospyros malabarica
  2. ^ The Plant List (2013). Version 1.1. Published on the Internet; http://www.theplantlist.org/tpl1.1/record/kew-2770098?ref=tpl1 2020年5月13日閲覧。
  3. ^ a b c 「カキノキ科」『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会、北野 至克(発行者)、(株)養賢堂、東京都文京区、1991年9月30日、3版。ISBN 4-924395-03-X
  4. ^ a b FAO - Malabar ebony
  5. ^ アーユルヴェーダ薬草学 SOMA PRESS News Letter, Vol26, 3頁, 2004年11月15日
  6. ^ 「カキノキ科 EBENACEAE」『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会 編、養賢堂、1996年、第4版、395頁。ISBN 4-924395-03-X
  7. ^ a b c d e f g Diospyros malabarica - Gaub”. Flowers of India. 2020年5月13日閲覧。
  8. ^ a b Haughton, Graves C. (1833). A Dictionary, Bengálí and Sanskrit, Explained in English, and Adapted for Students of Either Language. London: J. L. Cox & Son. pp. 1334, 2492. https://archive.org/details/dictionarybengal1687haug/page/n513/mode/2up 
  9. ^ Winslow, Miron (1862). Winslow's a Comprehensive Tamil-English Dictionary. Madras: Hunt. p. 604. https://books.google.co.jp/books?id=S-RGAAAAcAAJ&pg=PA604&dq=Embryopteris&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjPrLbOlqnoAhUCzmEKHV5vAqMQ6AEIJzAA#v=onepage&q=Embryopteris&f=false  (Reprint: New Delhi, Asian Educational Services, 1979. NCID BA00487918)
  10. ^ Gundert, H. (1872). A Malayalam and English Dictionary. Mangalore: C. Stolz. p. 611. https://books.google.co.jp/books?id=9nLQv_VH4LEC&pg=PA611&dq=Diospyros&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwj47tXx8qXoAhWxUN4KHQ6EAdAQ6AEIODAC#v=onepage&q=Diospyros&f=false 

外部リンク[編集]