ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団(ベルギー・ギィデこうきょうすいそうがくだん、Grand Orchestre d'Harmonie de la Musique Royale des Guides BelgesGroot Harmonieorkest van de Belgische GidsenRoyal Symphonic Band of the Belgian Guides)は、ベルギーの近衛騎兵連隊に所属する国王付き近衛軍楽隊フランスギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団と並び称されるヨーロッパ随一の軍楽隊である。

概要[編集]

ベルギーの初代国王レオポルド1世の私有楽団として、1832年8月16日に創設された。1929年にはアメリカに演奏旅行を行い、ホワイトハウスフーヴァー大統領に表敬演奏を行っている。

現在は、ベルギー国内の王立音楽院をプルミエ・プリ(首席)で卒業した84名の演奏者で構成されている。軍楽隊としてはこの吹奏楽団の他に、22名編成のトランペット隊があり、楽長、副楽長、トランペット隊長を含め109名の音楽家が軍楽隊に所属している。吹奏楽の形態のひとつであり、最大規模の楽団である、いわゆるシンフォニック・バンドと呼ばれる大編成の吹奏楽団であり、そこから生み出される重厚な響きが特徴のひとつとなっている楽団である。

王室行事を中心とする公式行事での演奏だけでなく、一般向けの演奏会や放送用録音も多く行っている。商業録音の演奏も手がけており、ルネ・ガイ、デ・ハスケ、ハファブラ・ミュージック、東芝EMIといったレーベルからおびただしい数のレコードCDがリリースされている。

吹奏楽編成以外の編成で書かれた行進曲クラシックからの吹奏楽編曲だけでなく、ベルギー国内外の作曲家による新しい吹奏楽作品(いわゆる「吹奏楽オリジナル曲」)の初演も積極的に行い、その高い水準の演奏技術とともに高く評価されている。

歴代指揮者[編集]

  • ジャン=ヴァランタン・バンデール(1832年 - 1873年)
  • ジャン=フレデリク・スター(1873年 - 1892年)
  • ジャン=ジュリアン・シマール(1892年 - 1901年)
  • レオン・ワルポー(1901年 - 1918年)
  • アルテュール・プレヴォー(1918年 - 1945 年)
  • ルネ・ド・シュナンク(1945年 - 1946年)
  • フランツ・ワンジェルメ(1946年 - 1948年)
  • シモン・プラン(1948年 - 1957年)
  • カレル・トルフ(1957年 - 1961年)
  • イヴォン・デュセーヌ(1962年 - 1985年)
  • ノルベール・ノジー(1985年 - 2003年)
  • フランソワ・ド・リデル(2003年 - 2007年)
  • ディルク・アケー(2007年 - 2008年)
  • イヴ・セヘルス(2008年 - )


関連項目[編集]

外部リンク[編集]