ベッケンシュタイン境界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

物理学では、ベッケンシュタイン境界(Bekenstein bound)は、エントロピー S、あるいは、情報量 I の上界であり、与えられた有限な領域の空間内には有限なエネルギーしか持たない、また逆に、与えられた量子レベルへ落とした物理系を完全に記述する情報の最大量があることを意味する。[1] このことは、物理系の情報量、あるいは系を完全に記述するに必要な情報量は、空間の大きさやエネルギーが有限であれば、有限でなければいけないことを意味する。計算機科学では、このことは有限の大きさとエネルギーを持つ物理系に対して最大の情報量プロセス率(ブレマーマンの境界英語版(Bremermann's limit)が存在し、有限の物理的次元で無限のメモリを持つチューリングマシンは、物理的に不可能であることを意味する。[要出典]

[編集]

T境界の普遍的な形式は、元々は、ヤコブ・ベッケンシュタイン(Jacob Bekenstein)により[1][2][3]不等式

S \leq \frac{2 \pi k R E}{\hbar c}

として発見された。ここに S はエントロピー、k はボルツマン定数、R は与えられた系を囲むことの可能な半径、E はすべての不変質量を含む全質量エネルギー、ħ は簡約されたプランク定数、c は光速度である。重力は力として重要な役割を果たすが、それに対し、境界の表現はニュートン定数 G を含まないことに注意する。

情報量の項として境界は、

I \leq \frac{2 \pi R E}{\hbar c \ln 2}

として与えられる。ここに I は球の中の量子状態を意味するビットの数であらわされる情報量である。ln 2 の要素は、情報量を量子状態の数の2進数対数として定義することから来る。[4]質量とエネルギーの等価性を使い、情報量の境界を

I \leq \frac{2 \pi c R m}{\hbar \ln 2} \approx 2.577\times 10^{43} m R

として定式化する。ここに m はキログラムの系での質量であり、半径 R は単位をメーターとする。

起源[編集]

ベッケンシュタインはブラックホールを意味する発見的方法から境界を導出した。境界を破る、つまり、大きすぎるエントロピーを持つような系は、ブラックホールの中でエントロピーを下げることにより熱力学第二法則を破ることは可能かもしれないとベッケンシュタインは論じた。1995年にテオドール・ジェイコブソン英語版(Theodore Jacobson)は、アインシュタイン場の方程式(つまり一般相対論)がベッケンシュタイン境界と熱力学の法則が正しいことを前提とすると導出できることを示した。[5][6] しかしながら、熱力学の法則と一般相対性が互いに整合性を持つために、ある境界が存在する必要があることを占めることには数々の議論があるが、一方、境界の正確な定式化は、論争となっている。[2][3][7][8][9][10][11][12][13][14][15]

[編集]

ブラックホール[編集]

3次元ブラックホールホーキング・ベッケンシュタインのエントロピーは、正確に境界

S =\frac{kA}{4}

で飽和することが起きる。ここに A はプランク面積 \hbar G/c^3 の単位でブラックホールの事象の地平線の 2次元面積である。

境界は密接に、ブラックホールの熱力学ホログラフィック原理や量子重力の共変エントロピー境界(covariant entropy bound)[16]と関連していて、後者の予想されている強い形から導出することができる。

人間の脳[編集]

平均的な人間の脳は、1.5 kg の重さと 1260 cm³ の体積を持っている。脳が球に近似しているとすると、球面の半径は 6.7 cm となる。

情報量的なベッケンシュタイン境界は \approx 2.6 \times 10^{42} ビットとなり、量子レベルへ落とした平均的な人間の脳を完全に再現するに必要が最大の情報量を表している。このことは、人間の脳の状態の数 O=2^I が、\approx 10^{7.8 \times 10^{41}} よりも小さいはずであることを意味している。

参照項目[編集]

さらに先の文献[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Jacob D. Bekenstein, "Universal upper bound on the entropy-to-energy ratio for bounded systems", Physical Review D, Vol. 23, No. 2, (January 15, 1981), pp. 287-298, doi:10.1103/PhysRevD.23.287, Bibcode1981PhRvD..23..287B. Mirror link.
  2. ^ a b Jacob D. Bekenstein, "How Does the Entropy/Information Bound Work?", Foundations of Physics, Vol. 35, No. 11 (November 2005), pp. 1805-1823, doi:10.1007/s10701-005-7350-7, Bibcode2005FoPh...35.1805B. Also at arXiv:quant-ph/0404042, April 7, 2004.
  3. ^ a b Jacob D. Bekenstein, "Bekenstein bound", Scholarpedia, Vol. 3, No. 10 (October 31, 2008), p. 7374, doi:10.4249/scholarpedia.7374.
  4. ^ Frank J. Tipler, "The structure of the world from pure numbers", Reports on Progress in Physics, Vol. 68, No. 4 (April 2005), pp. 897-964, doi:10.1088/0034-4885/68/4/R04, Bibcode2005RPPh...68..897T, p. 902. Mirror link. Also released as "Feynman-Weinberg Quantum Gravity and the Extended Standard Model as a Theory of Everything", arXiv:0704.3276, April 24, 2007, p. 8.
  5. ^ Ted Jacobson, "Thermodynamics of Spacetime: The Einstein Equation of State", Physical Review Letters, Vol. 75, Issue 7 (August 14, 1995), pp. 1260-1263, doi:10.1103/PhysRevLett.75.1260, Bibcode1995PhRvL..75.1260J. Also at arXiv:gr-qc/9504004, April 4, 1995. Also available here and here. Additionally available as an entry in the Gravity Research Foundation's 1995 essay competition. Mirror link.
  6. ^ Lee Smolin, Three Roads to Quantum Gravity (New York, N.Y.: Basic Books, 2002), pp. 173 and 175, ISBN 0-465-07836-2, LCCN 2007-310371.
  7. ^ Raphael Bousso, "Holography in general space-times", Journal of High Energy Physics, Vol. 1999, Issue 6 (June 1999), Art. No. 28, 24 pages, doi:10.1088/1126-6708/1999/06/028, Bibcode1999JHEP...06..028B. Mirror link. Also at arXiv:hep-th/9906022, June 3, 1999.
  8. ^ Raphael Bousso, "A covariant entropy conjecture", Journal of High Energy Physics, Vol. 1999, Issue 7 (July 1999), Art. No. 4, 34 pages, doi:10.1088/1126-6708/1999/07/004, Bibcode1999JHEP...07..004B. Mirror link. Also at arXiv:hep-th/9905177, May 24, 1999.
  9. ^ Raphael Bousso, "The holographic principle for general backgrounds", Classical and Quantum Gravity, Vol. 17, No. 5 (March 7, 2000), pp. 997-1005, doi:10.1088/0264-9381/17/5/309, Bibcode2000CQGra..17..997B. Also at arXiv:hep-th/9911002, November 2, 1999.
  10. ^ Jacob D. Bekenstein, "Holographic bound from second law of thermodynamics", Physics Letters B, Vol. 481, Issues 2-4 (May 25, 2000), pp. 339-345, doi:10.1016/S0370-2693(00)00450-0, Bibcode2000PhLB..481..339B. Also at arXiv:hep-th/0003058, March 8, 2000.
  11. ^ Raphael Bousso, "The holographic principle", Reviews of Modern Physics, Vol. 74, No. 3 (July 2002), pp. 825-874, doi:10.1103/RevModPhys.74.825, Bibcode2002RvMP...74..825B. Mirror link. Also at arXiv:hep-th/0203101, March 12, 2002.
  12. ^ Jacob D. Bekenstein, "Information in the Holographic Universe: Theoretical results about black holes suggest that the universe could be like a gigantic hologram", Scientific American, Vol. 289, No. 2 (August 2003), pp. 58-65. Mirror link.
  13. ^ Raphael Bousso, Éanna É. Flanagan and Donald Marolf, "Simple sufficient conditions for the generalized covariant entropy bound", Physical Review D, Vol. 68, Issue 6 (September 15, 2003), Art. No. 064001, 7 pages, doi:10.1103/PhysRevD.68.064001, Bibcode2003PhRvD..68f4001B. Also at arXiv:hep-th/0305149, May 19, 2003.
  14. ^ Jacob D. Bekenstein, "Black holes and information theory", Contemporary Physics, Vol. 45, Issue 1 (January 2004), pp. 31-43, doi:10.1080/00107510310001632523, Bibcode2003ConPh..45...31B. Also at arXiv:quant-ph/0311049, November 9, 2003. Also at arXiv:quant-ph/0311049, November 9, 2003.
  15. ^ Frank J. Tipler, "The structure of the world from pure numbers", Reports on Progress in Physics, Vol. 68, No. 4 (April 2005), pp. 897-964, doi:10.1088/0034-4885/68/4/R04, Bibcode2005RPPh...68..897T. Mirror link. Also released as "Feynman-Weinberg Quantum Gravity and the Extended Standard Model as a Theory of Everything", arXiv:0704.3276, April 24, 2007. Tipler gives a number of arguments for maintaining that Bekenstein's original formulation of the bound is the correct form. See in particular the paragraph beginning with "A few points ..." on p. 903 of the Rep. Prog. Phys. paper (or p. 9 of the arXiv version), and the discussions on the Bekenstein bound that follow throughout the paper.
  16. ^ 共変エントロピー境界とはブゾー(Bousso)のホログラフィック境界のこのことを言っている。

外部リンク[編集]