ヘンリー幸田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘンリー幸田(本名・幸田 栄夫[1]1943年昭和18年)[2] - 2014年平成26年)12月16日[1])は、日本出身のアメリカ合衆国の法律家。米国特許弁護士、日本弁理士

略歴[編集]

東京都大田区出身[2]学習院大学理学部化学科を卒業後、杏林薬品に就職するが1年で辞めて特許事務所に転職。勤務の傍ら、明治大学法学部で法学を学び、1970年に弁理士試験に合格する[3]

協和特許法律事務所での勤務の後、1972年に渡米し、ロサンゼルスのスペンスリー・ホーン・ジュバス・ルービッツ法律事務所で働きながら、パテント・エージェント及びニューヨーク州弁護士の資格を取得。1977年に米国にてコーダ&アンドローラ法律事務所を開設した。1993年にはペパーダイン大学ロー・スクールで特別課程を修了している。創価大学法科大学院教授東京理科大学専門職大学院客員教授として教鞭も執った[2][3][4]

また、トーマス・エジソンの発明品の収集家としても知られる。収集した発明品約2,600点はバンダイに譲渡され、栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまちバンダイミュージアムでエジソンミュージアムとして展示されている。幸田はその後も収集を続け、3,000点を超えた発明品を展示する博物館を開くことを夢見ていた[1][2]

著作[編集]

  • 米国特許法逐条解説(発明協会)
  • アメリカ特許事件ファイル(発明協会)
  • ステイング・パワー(発明協会)
  • 知的所有権で日本が勝つ日(徳間書店)
  • ビジネスモデル特許(日刊工業新聞社)
  • 天才エジソンの秘密~母が教えた7つのルール(講談社)

脚注[編集]