ヘンリー・ラッセルズ (第6代ヘアウッド伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第6代ヘアウッド伯爵ヘンリー・ラッセルズ

第6代ヘアウッド伯爵ヘンリー・ジョージ・チャールズ・ラッセルズ英語: Henry George Charles Lascelles, 6th Earl of Harewood, KG, GCVO, DSO, TD1882年9月9日-1947年5月23日)は、イギリスの貴族、陸軍軍人、政治家。

国王ジョージ5世の娘メアリー王女と結婚した貴族として著名。

父が爵位を継承する1892年以前はヘンリー・ラッセルズ閣下(The Honourable Henry Lascelles)、1892年から自身が爵位を継承する1929年まではラッセルズ子爵(Viscount Lascelles)の儀礼称号を使用した。

経歴[編集]

1882年9月9日、第5代ヘアウッド伯爵英語版ヘンリー・ラッセルズ英語版とその妻フローレンス(第3代ブラッドフォード伯爵英語版オーランド・ブリッジマン英語版の娘)の間の長男としてロンドンに生まれる[1]

サンドハースト王立陸軍大学英語版を出て1902年2月にグレナディアガーズに入隊した[2]第一次世界大戦では国防義勇軍に少佐として従軍し、負傷して二度も殊勲者公式報告書に名前が載った[1]

1922年のラッセルズ子爵とメアリー王女の結婚式

1922年2月28日には国王ジョージ5世の第3子メアリー王女ウェストミンスター寺院において結婚した[1]

1929年10月6日に父が死去し、第6代ヘアウッド伯爵位を継承し[1]貴族院議員に列した[3]

1942年から死去までフリーメイソンイングランド・連合グランドロッジグランドマスター英語版を務める。

1947年5月23日リーズに近いヘアウッド・ハウス英語版で死去した。爵位は長男のジョージが継承した[1]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

家族[編集]

1922年にジョージ5世の娘メアリー王女を妻に迎え、彼女との間に以下の2子を儲けた[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “Henry George Charles Lascelles, 6th Earl of Harewood” (英語). thepeerage.com. 2015年9月3日閲覧。
  2. ^ "No. 27405". The London Gazette (英語). 11 February 1902. p. 846.
  3. ^ UK Parliament. “Mr Henry Lascelles” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]

名誉職
先代:
第5代ヘアウッド伯爵英語版
ヨークシャーの西リディング知事英語版
1927年–1947年
次代:
第11代スカーバラ伯爵
学職
先代:
初代クルー侯爵
シェフィールド大学学長
1944年–1947年
次代:
初代ハリファックス伯爵
フリーメイソン
先代:
初代ケント公爵
イングランド・連合グランドロッジ
グランドマスター

1942年–1947年
次代:
第10代デヴォンシャー公爵
イギリスの爵位
先代:
ヘンリー・ラッセルズ英語版
第6代ヘアウッド伯爵英語版
1929年–1947年
次代:
ジョージ・ラッセルズ