ヘレン・ブルック・タウシグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘレン・ブルック・タウシグHelen Brooke Taussig, 1898年5月24日 - 1986年5月20日)はアメリカ小児科学心臓病学者。

マサチューセッツ州ケンブリッジフランク・タウシグFrank W. Taussig)の娘として生まれる。

1945年外科医のアルフレッド・ブレイロックAlfred B. Blalock)、ヴィヴィエン・トーマスVivien Thomas)と共に「青色児手術」を行い、肺臓への血液の循環を増大させることに成功した。

青色児症候群Blue baby syndrome)の一種であるブレイロック=タウシグ・シャントブラロック=タウシグ・シャントシャント吻合短絡)(Blalock-Taussig shunt)を発見。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]