ヘルセー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘルセー古代ギリシャ語: Ἕρση, Herse)は、ギリシア神話に登場する女神あるいは人物。アッティカ方言以外ではヘルサー古代ギリシャ語: Ἕρσα, Hersa)とも呼ばれる。その名は「露」を意味する[1]。以下の通り、同名の女性が数名いる。

セレーネーの娘[編集]

ゼウスとセレーネーの娘でパンディーア及びネメアの姉妹[1][2]エルセーとも呼ばれる[2]

ケクロプスの娘[編集]

アテーナイ王ケクロプスの娘で、アグラウロスとパンドロソスの姉妹[3]アテーナーに預けられたエリクトニオスが入った箱を開けてしまったため、発狂させられ、姉妹たちと共に投身自殺した[3]。ただし、ヘルセーは死なずにヘルメースとの間にケパロスをもうけたともいわれる[3]

ダナオスの妻[編集]

ダナオスの妻の一人で、ダナオスとの間にヒッポディケー及びアディアンテーをもうけた[3]

出典[編集]

  1. ^ a b マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店 1988年、287頁。
  2. ^ a b フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 青土社 新装版1991年、172頁。
  3. ^ a b c d 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960年、71,145,251頁。