ヘルステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図(郡の位置)
DE Hörstel COA.svg Locator map ST in Germany.svg
基本情報
連邦州: ノルトライン=ヴェストファーレン州
行政管区 ミュンスター行政管区
シュタインフルト郡
緯度経度: 北緯52度18分
東経07度35分
標高: 海抜 45 m
面積: 107.54 km2[1]
人口:

20,344人(2019年12月31日現在) [2]

人口密度: 189 人/km2
郵便番号: 48477
市外局番: 05454, 05459, 05978
ナンバープレート: ST, BF, TE
自治体コード: 05 5 66 016
行政庁舎の住所: Kalixtusstraße 6
48477 Hörstel
ウェブサイト: www.hoerstel.de
首長: ダーフィト・オストホルトホフ (David Ostholthoff)
郡内の位置
Hörstel in ST.svg
地図

ヘルステル (ドイツ語: Hörstel, De-Hörstel.ogg Media:De-Hörstel.ogg[ヘルプ/ファイル])は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州ミュンスター行政管区シュタインフルト郡に属す小都市である。本市はトイトブルクの森の最も北西に突き出した支脈に位置しており、その市域はテックレンブルガー・ラントドイツ語版英語版に含まれる。本市は1975年1月1日にそれまで独立していた町村ヘルステル、リーゼンベック、ドライアーヴァルデと、ベーヴァーゲルン市が合併して成立した。

地理[編集]

位置[編集]

ヘルステルは、トイトブルクの森の最も外側の北西端にあたるフックベルクの麓に位置している。最寄りの大きな街は、西のライネと東のイベンビューレンがある。ヘルステラー・アー川が本市を二つに分けて流れている。ヘルステルの南約 2 km の場所に、ドルトムント=エムス運河からミッテルラント運河が分岐する「ナッセス・ドライエック」がある。

隣接する市町村[編集]

ヘルステルの市域は、全部で7市町村と境を接している。イベンビューレンおよびホプステンテックレンブルガー・ラントドイツ語版英語版ライネエムスデッテンザーベックミュンスターラントドイツ語版英語版に属す。ニーダーザクセン州エムスラントドイツ語版英語版に属すシュペレドイツ語版英語版およびシャーペンドイツ語版英語版とも境を接している。

市の構成[編集]

ヘルステル市には以下の市区がある:

  • ベーヴァーゲルン(都市権をもたらした。)
  • ヘルステル(市名の由来となった。市の行政機関の一部が存在する。)
  • ドライアーヴァルデ
  • リーゼンベック(市の行政機関所在地)

集落

  • ビルクテ
  • グラーヴェンホルスト
  • オステンヴァルデ

は行政上の地区ではなく、市区に含まれる集落として扱われている。

ヘルステル地区図

歴史[編集]

現在のヘルステル市は、1975年1月1日にそれまでのベーヴァーゲルン市がドライアーヴァルデ、ヘルステル、リーゼンベックと合併して成立した[3]。かつてのライネ・レヒツ・デア・エムスの 3.00 km2、当時の人口 212人の土地がこれに加えられた[4]。都市権は、ベーヴァーゲルンからもたらされた。これは1366年7月25日の文書によってテックレンブルク伯ニコラウスドイツ語版英語版とその息子であるオットードイツ語版英語版によって授けられたものである[5]

行政[編集]

リーゼンベック地区にあるヘルステルの市役所

議会[編集]

ヘルステルの市議会は、34議席で構成されている[6]

首長[編集]

ヘルステルの市長は、2015年に選出されたダーフィト・オストホルトホフ (SPD) である[7]。第一代理市長はイングリート・ボッセ (SPD) とアンゲーリカ・ヴォルニー (CDU) である[8]

本市成立後の市長を以下に列記する。

  • 1975年 - 1979年 エルンスト=アウグスト・バイヤー (CDU)
  • 1979年 - 1989年 カール・グリューター (CDU)
  • 1989年 - 1999年 ヨーゼフ・プルンペ (CDU)
  • 1999年 - 2000年 ベルンハルト・ラーメ (CDU)
  • 2000年 - 2015年 ハインツ・ヒュッペ (CDU)

紋章[編集]

紋章は上下二分割され、上部はさらに左右二分割されている。向かって左上は赤地金色(黄色)オークの葉で、旧ドライアーヴァルデの紋章に由来する。向かって右上は金地(黄色地)に、旧リーゼンベックの紋章に由来する赤いシャベルが描かれている。下部は、金地(黄色地)で、右(向かって左)を向いて、赤い舌を出した黒いビーバーの頭部。これは旧ベーヴェルゲルン市の紋章に由来する。金色(黄色)の背景は、旧ヘルステルを表している[9]

姉妹都市[編集]

ヘルステルは以下の街と姉妹都市関係にある[10]:

ヘルステルは、ザクセン州ルンツェナウドイツ語版英語版と友好都市関係にある。

文化と見所[編集]

建築[編集]

ズーレンブルク城
グラーヴェンホルスト修道院

リーゼンベック市区の水城ズーレンブルク城とその歴史は、15世紀にまで遡る。この城は、テックレンブルク伯領ドイツ語版英語版ミュンスター司教領ドイツ語版英語版に征服された後、おそらくミュンスター司教によって1400年に建造された。最初の文献記録は1474年でランゲン家の居城として記述されている。18世紀に現在の姿に改築された。ズーレンブルク城はテックレンブルクガー・ラントで最も重要な水城である[11]

グラーヴェンホルスト修道院は、テックレンブルクのミニステリアーレであったコンラート・フォン・ブロホターベックによって1256年に創設された。創設後50年の間にグラーヴェンホルストは主にテックレンブルク伯およびそのミニステリアーレの所領となっていった。所有関係については、以前の所有者の多くが伯の緊密な従者であった点が特徴的である。修道院の所領の多くはテックレンブルガー・ラントの南西部にあった。旧修道院は2004年に完全に修復され、現在は美術館として利用されている。グラーヴェンホルストは、レーデンおよびシャーレとともに、13世紀にテックレンブルガー・ラントに設立された3つのシトー会女子修道院の1つであった[12]

戦没者墓地[編集]

リーゼンベック・カトリック墓地の戦没者記念廟

以下の墓地に戦没者の墓がある:

  • リーゼンベック=ビルクテ / ブルムライタール栄誉墓地(42人)
  • ヘルステル / 旧カトリック墓地(1人)
  • ベーヴァーゲルン / カトリック墓地(3人)
  • ドライアーヴァルデ / カトリック墓地(69人)
  • ヘルステル=グラーヴェンホルスト / カトリック墓地(6人)
  • リーゼンベック / カトリック墓地(23人)
  • ヘルステル=ハルケンベルク / 福音主義墓地(9人)

丘陵地と遊歩道[編集]

トルフモールゼー

トイトブルクの森アルミニウスの足跡をたどる遊歩道ヘルマンスヴェークはベーヴァーゲルンおよびリーゼンベックを通っている。ヘルステル周辺には数多くの森の遊歩道がある。近郊には保養地のトルフモールゼー(湖)がある。

自転車道と遊歩道[編集]

  • 100城ルート - ミュンスターラントとテックレンブルガー・ラントを通る全長約 960 km の自転車道
  • エムス=ハイデ=ヴァイデ=ツアー - エムス川両岸のレジャー地区を通る自転車道
  • ヘルマンスヴェーク - ライネを起点とし、ヘルマン記念碑沿いを通る遊歩道

スポーツ[編集]

ズーレンブルク周辺の土地は、馬車レースのメッカとされており、国内外のチャンピオン大会がここで開催される。

トルフモールゼー(湖)沿いには、ウォータースポーツ・クラブがいくつかある。ゼーゲルゲマインシャフト・ヘルステル 1978 e.V. は、この湖をヨットウィンドサーフィンに利用している。アンゲルシュポルトフェライン・ベーヴァーゲルン 1968 e.V. (ベーヴァーゲルン・スポーツフィッシング・クラブ)はここにある。DLRG(ドイツ人命救助協会)はここに自前のステーションを有している。

リーゼベックには公共の室内プールがある。トルフモールゼーは水浴場として開放されている。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

ヘルステル駅

ヘルステル駅は、鉄道レーネ - ライネ線の駅である。ここでは以下の近郊型列車が利用できる:

貨物交通の駅は、市域の北端に、テックレンブルガー北鉄道のヘルステル=オステンヴァルデ駅とウトフーゼン駅がある。

バス[編集]

公共道路交通では、月曜日から土曜日まで、1時間間隔にタクシーバス T60号線が、ヘルステル、リーゼンベック、ベーヴァーゲルンの各市区を互いに結んでいる。地方バス 190号線は、ドライアーヴァルデ市区と、広域交通への最寄りの接続地であるホプステンおよびライネとを結んでいる。バス路線 R93号線と R63号線は、ベーヴァーゲルン市区とライネおよびイベンビューレンとを1時間間隔で結んでいる。

公共近郊旅客交通では、ヴェストファーレン料金(ミュンスター交通共同体)、NRW-料金およびニーダーザクセン料金(RB61号線のヘルフォルトまで有効のニーダーザクセンチケット)が適用される。

道路[編集]

ヘルステルは、連邦アウトバーン A30号線沿いに位置している。ヘルステル市の中心部近くに同名のヘルステル・インターチェンジがある。

2010年の連邦アウトバーン A30号線のヘルステル・インターチェンジとライネ運河港インターチェンジとの間の1日の平均交通量は、トラック 10,057台、乗用車 27,320台であった。

航空[編集]

ヘルステルのドライアーヴァルデには旧軍事飛行場があり、現在はクローネ社がトラック駐車場として利用している。最寄りの民間飛行場(地方交通飛行場)はライネにある。国際空港では、20 km 離れたミュンスター/オスナブリュック空港が便利である。

ナッセス・ドライエック。手前から右に向かうのがドルトムント=エムス運河、左に分岐するのがミッテルラント運河。船はミュンスター方面からドルトムント=エムス運河を航行し、ミッテルラント運河に入ろうとしている。

船舶[編集]

ヘルステルは、ミッテルラント運河 (MLK) およびドルトムント=エムス運河 (DEK) に直接面している。

両運河は、リーゼンベック=ベルゲスヘフェデの「ナッセス・ドライエック」と呼ばれる場所で合流している。「ナッセス・ドライエック」は、ドルトムント=エムス運河から、トイトブルクの森を横断するミッテルラント運河が分岐する、水路の三叉路である。

メディア[編集]

  • イベンビューレナー・フォルクスツァイトゥング
  • ミュンスターレンディシェ・フォルクスツァイトゥング
  • WDR、スタジオ・ミュンスター
  • ラジオ RST、104.0 MHz
  • www.mazzTV.de
  • ヘルステラー・シュタットマガツィーン
  • ヴィーア・イン
  • イベンビューレナー・アンツァイガー
  • ウンザー・ヴォーヒェンエンデ

人物[編集]

出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

関連図書[編集]

  • Franz-Josef Wissing et al., ed (1987). Hörstel – gestern und heute – oder wie aus einer Bauerschaft eine Stadt wurde. Das Heimatbuch der Ortschaft Hörstel bis zur Stadtwerdung. Hörstel: F.-J. Wissing 
  • 25 Jahre Stadt Hörstel. 1975–2000. Hörstel: Stadt Hörstel / A. Schöwe. (2000). ISBN 978-3-89714-777-5 
  • Riesenbeck. Aus Vergangenheit und Gegenwart eines münsterländischen Dorfes. Riesenbeck. (1962) 
  • Bevergern. Geschichte und Geschichten um eine alte Stadt. Bevergern: Stadtverwaltung Bevergern. (1966) 
  • Dreierwalde wie es war und wurde. Dreierwalde. (1971) 
  • Reinhard Niehoff; Klaus H. Peters; Georg Pistorius (1992). Hörstel. Fotografische Impressionen. Bevergern, Dreierwalde, Hörstel, Riesenbeck. Hörstel-Riesenbeck: Lammert 
  • Ottilie Baranowski; Walter Kinast (1989). Päörtkes, Püttkes, Pädtkes: Tore, Brunnen, Wege. Bevergern. Ibbenbüren: Ibbenbürener Vereinsdruckerei. ISBN 978-3-921290-39-2 
  • Hein Schlüter (1995). Pättkerii düör Hüössel. Gesammelte Texte aus der Ibbenbürener Volkszeitung über das Leben im Dorf Hörstel in der Zeit von 1931 bis 1991. Ibbenbürener Vereinsdruckerei. ISBN 978-3-921290-82-8 

これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

出典[編集]

  1. ^ Kommunalprofil Hörstel, Stadt (PDF)”. p. 3. 2019年5月23日閲覧。
  2. ^ Bevölkerung der Gemeinden Nordrhein-Westfalens am 31. Dezember 2019 – Fortschreibung des Bevölkerungsstandes auf Basis des Zensus vom 9. Mai 2011
  3. ^ Statistisches Bundesamt, ed (1983). Historisches Gemeindeverzeichnis für die Bundesrepublik Deutschland. Namens-, Grenz- und Schlüsselnummernänderungen bei Gemeinden, Kreisen und Regierungsbezirken vom 27.5.1970 bis 31.12.1982. Stuttgart/Mainz: W. Kohlhammer. p. 318. ISBN 978-3-17-003263-7 
  4. ^ Martin Bünermann; Heinz Köstering (1975). Die Gemeinden und Kreise nach der kommunalen Gebietsreform in Nordrhein-Westfalen. Köln: Deutscher Gemeindeverlag. p. 90. ISBN 978-3-555-30092-4 
  5. ^ Norbert Voß (1973). Der Kreis Tecklenburg - Amt Riesenbeck. Stuttgart und Aalen: Konrad Theiss Verlag. ISBN 978-3-8062-0108-6 
  6. ^ Kommunalwahlen 2014 in NRW - Wahl zu den Räten der kreisangehörigen Städte und Gemeinden - Hörstel, Stadt”. 2019年5月25日閲覧。
  7. ^ Kommunalwahlen 2015 in NRW - Wahl der Bürgermeister/-innen der kreisangehörigen Gemeinden - Hörstel, Stadt”. 2019年5月25日閲覧。
  8. ^ “Zwei Frauen vertreten den Bürgermeister”. ivz-aktuell. (2014年6月12日). https://www.ivz-aktuell.de/Lokales/105934/Zwei-Frauen-vertreten-den-Buergermeister 2019年5月25日閲覧。 
  9. ^ Wappen im Kreis Steinfurt (PDF)”. p. 12. 2019年5月25日閲覧。
  10. ^ Partnerstädte | Stadt Hörstel”. 2019年5月25日閲覧。
  11. ^ Schloss Surenburg | Stadt Hörstel”. 2019年5月25日閲覧。
  12. ^ Kloster Gravenhorst - Geschichte(n) | Stadt Hörstel”. 2019年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]