ヘリー・ラジャオナリマンピアニナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘリー・ラジャオナリマンピアニナ
Hery Rajaonarimampianina
Hery Rajaonarimampianina 2014.jpg
ヘリー・ラジャオナリマンピアニナ(2014年8月)

任期 2014年1月25日
首相 オメ・ベリジキ
ロジェ・コロ

マダガスカルの旗 マダガスカル
財務予算相
任期 2009年2013年
元首 アンドリー・ラジョエリナ

出生 (1958-11-06) 1958年11月6日(59歳)
マダガスカルの旗 マダガスカル、アンツォフィノンドリ
政党 マダガスカルのための新勢力
配偶者 ヴォアハンギ・ラジャオナリマンピアニナ

ヘリー・マルティアル・ラコトアリマナナ・ラジャオナリマンピアニナマダガスカル語: Hery Martial Rakotoarimanana Rajaonarimampianina1958年11月6日 - )は、マダガスカルの政治家。2014年1月から同国大統領を務めている。

経歴[編集]

中流家庭に生まれ、アンタナナリボ郊外のサボツィ・ナメハナで育った。1982年にアンタナナリボ大学でMBAを取得後[1]カナダのケベック大学トロワ=リヴィエール校で財務と会計を修め[2]、1986年に会計学の準修士号(DEA)を取得した。1991年には、カナダの公認会計士協会(CGA)からカナダの会計士免許を得ている[3]

1991年にマダガスカルに戻り、会計士として勤務。その一方で、アンタナナリボにある国立経営管理・会計学研究院(INSCAE)の研究主任[4]やアンタナナリボ大学およびフランスのメス大学経営管理研究所(IAE)の助手を歴任した[5]

1995年にはアンタナナリボに職員50人を抱える会計事務所を設立した。この事務所は、マダガスカル全域で地場企業と外資系企業の双方から顧客を得た。

2003年にはマダガスカル公認会計士・会計検査官協会の会長に選出されるとともに、上級会計協議会の副会長[6]や信頼保全委員会の評議員[7]に任命された。

政治における経歴[編集]

前年から主だった外国人投資家が資本をマダガスカルから避難させている中の2009年、ラジャオナリマンピアニナは財務予算相となった[8] 。2011年からはマダガスカル航空CEOを務めている[要出典]

2013年、ラジャオナリマンピアニナは政治団体「マダガスカルのための新勢力」を立ち上げ[9][10]、他の32人の候補者とともに大統領に立候補した。主な対立候補には、与党の「決意したマダガスカルの青年」(TGV)から元大統領のマーク・ラヴァルマナナに代わって立候補したノエ・ラザフィンドラヴァヒや、AVANA所属のジャン=ルイ・ロビンソン、高等暫定統治機構時代にいずれも首相を務めたアルベール・カミーユ・ヴィタルやロインデフォ・ザフィツィミヴァロ・モンジャなどがいた。

第一回投票でラジャオナリマンピアニナは、ロビンソンに次いで2位となる15.62%の得票を獲得した。この投票では、TGVと対立する全ての候補者の得票率が、合わせて55%に達した[11]

第二回投票が近づくに従って、ラジャオナリマンピアニナ陣営は勢力を強め、政治集会の参加者数も増加した[12]。さらに、高等暫定統治機構のアンドリー・ラジョエリナ議長からも支持を取り付けた。そのため、第二回投票では暫定独立国家選挙管理委員会(CENIT)の発表する最初の中間結果から早々と首位に立ち[13][14]、ジャン=ルイ・ロビンソンを破って当選した[15]。国際選挙監視団はこの選挙を「自由で透明性の高い、信頼できるものであった」と評価した[16][17]

脚注[編集]

  1. ^ :: Université d'Antananarivo ::”. Univ-antananarivo.mg. 2014年1月3日閲覧。
  2. ^ Université du Québec à Trois-Rivières”. Uqtr.ca. 2014年1月3日閲覧。
  3. ^ Université du Québec à Trois-Rivières – Welcome”. Uqtr.ca. 2014年1月3日閲覧。
  4. ^ R. M. Randrianarisata. “Accueil”. Inscae.mg. 2014年1月3日閲覧。
  5. ^ Présentation de l'ESM-IAE | Universite Paul Verlaine – Metz : ESM-IAE” (フランス語). Esm.univ-metz.fr. 2013年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月3日閲覧。
  6. ^ Conseil Supérieur de la Comptabilité – L’ORDRE DES EXPERTS COMPTABLES ET FINANCIERS DE MADAGASCAR” (フランス語). Csc.mg. 2014年1月3日閲覧。
  7. ^ Comité pour la Sauvegarde de l'Intégrité – Madagascar” (フランス語). Csi.gov.mg (2013年11月21日). 2014年1月3日閲覧。
  8. ^ | Madagascar: les bailleurs ont suspendu leurs aides budgĂŠtaires | Jeuneafrique.com – le premier site d'information et d'actualité sur l'Afrique” (フランス語). Jeuneafrique.com (2013年12月22日). 2014年1月3日閲覧。
  9. ^ Quartier Général – Hery Vaovao ho an'i Madagasikara. “Hery Rajaonarimampianina ~ Hery Vaovao ho an'i Madagasikara”. Heryvaovao.com. 2014年1月3日閲覧。
  10. ^ Rajaonarimampianina, Hery (2013年12月19日). “Hery Rajaonarimampianina: My Plan for Malagasy Renewal - WSJ.com”. Online.wsj.com. 2014年1月3日閲覧。
  11. ^ Ndimby A.. “Vers un second tour cahin-caha”. Madagascar-Tribune.com. 2014年1月3日閲覧。
  12. ^ Les pro-Rajaonarimampianina alignent (Mahajanga) – actualities en direct avec l'Express de Madagascar”. Lexpressmada.com. 2013年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月11日閲覧。
  13. ^ Moov | Premier portail Internet de Madagascar”. Moov.mg (2013年12月23日). 2014年2月10日閲覧。
  14. ^ Madagascar/présidentielle : Hery Rajaonarimampianina mène sur les 3.047 bureaux de vote”. French.china.org.cn (2013年12月22日). 2014年2月10日閲覧。
  15. ^ “Q&A: Madagascar election run-off”. BBC News. (2013年12月19日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-25355778 2013年12月19日閲覧。 
  16. ^ Centre d'actualités de l'ONU – Madagascar : l'ONU salue le bon déroulement du deuxième tour des élections présidentielles”. Un.org. 2014年2月10日閲覧。
  17. ^ PrĂŠsidentielle malgache | Madagascar : les ĂŠlections ont ĂŠtĂŠ libres, selon le Centre Carter et l'EISA | Jeuneafrique.com – le premier site d'information et d'actualité sur l'Afrique”. Jeuneafrique.com. 2014年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]