コンテンツにスキップ

プー2 あくまのくまさんとじゃあくななかまたち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プー2
あくまのくまさんと
じゃあくななかまたち
Winnie-the-Pooh:
Blood and Honey 2
監督 リース・フレイク=ウォーターフィールド
脚本 マット・レスリー
原作 A.A.ミルン
E.H.シェパード
(キャラクター創作)
製作 スコット・ジェフリー
リース・フレイク=ウォーターフィールド
出演者 後述
音楽 アンドリュー・スコット・ベル
撮影 ヴィンス・ナイト
編集 リース・フレイク=ウォーターフィールド
製作会社 Jagged Edge Productions
配給 イギリスの旗 Altitude Film Distribution
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 イギリスの旗 2024年3月26日[1]
日本の旗 2024年8月9日
上映時間 93分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $1,000,000
興行収入 世界の旗 $730,160[2]
前作 プー あくまのくまさん
次作 Winnie-the-Pooh: Blood and Honey 3
テンプレートを表示

プー2 あくまのくまさんとじゃあくななかまたち』(原題:Winnie-the-Pooh: Blood and Honey 2)は、2024年に制作されたイギリスのアトラクション・ホラー映画R15+指定。

キャッチコピーは「さあ、みんなでしゅっぱつだ!」。

概要

[編集]

パブリックドメインとなった児童小説のホラー企画である、ザ・ツイステッド・チャイルドフッド・ユニバース(総称:プーニバース)プロジェクトの2作目であり、『プー あくまのくまさん』の続編[3][4]

2024年1月にパブリックドメイン化されたティガーとオウルを加えた邪悪な仲間たちが集結し、前作を大きく上回る殺戮の嵐が繰り広げられるほか、呪われたプーの秘密にも迫る一作となっている[5]

あらすじ

[編集]

見るからに恐ろしく豹変したプーの惨劇を生き延びたクリストファー・ロビンは、少年時代を過ごした町アッシュダウンに舞い戻り、トラウマに苦しみながら治療を続けていた。しかし町の住人の多くはロビンを犯人だと疑っていた。ロビンが呪われたプーの秘密を解き明かす一方で、森の奥深くに潜んでいたプーと邪悪な仲間たちは、さらなる餌食を求めてアッシュダウンの町に襲いかかる…

キャスト

[編集]

評価

[編集]

映画評論サイトのRotten Tomatoesによると、記録的な低評価だった前作とは違い、今作では100%の批評家スコアを獲得したと報じられた[6][7]

脚注

[編集]

外部リンク

[編集]