プロトン・ジュアラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱・ミニキャブ > 三菱・タウンボックス > プロトン・ジュアラ
プロトン・ジュアラ
フロント
Proton Juara, Kuala Lumpur.jpg
リア
Proton Juara (rear), Serdang.jpg
販売期間 2001-2003年
乗車定員 6人
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン 直4 1.1L 4A31
駆動方式 FR
変速機 4AT
サスペンション 前:
マクファーソンストラット
後:
3リンク式リジット
全長 3,660mm
全幅 1,535mm
全高 1,810mm
ホイールベース 2,390mm
車両重量 1,005kg
-自動車のスペック表-

プロトン・ジュアラ (Proton Juara) は、マレーシアの自動車メーカー、プロトンによって製造されていた小型ミニバン型乗用車である。

概要[編集]

三菱・タウンボックスワイドをベースとし、2001年にプロトンとしては初のスモールミニバンとして発売された。若い家族向けで、ダイハツ・ムーヴがベースのプロドゥア・クナリの対抗車種として開発された。タウンボックスワイドとの違いとしてバンパーやフロントグリル、内装が一部変更されたことが挙げられるが、それ以外はベースのタウンボックスワイドからほとんど変更されなかった。

エンジンはタウンボックスワイドと共通の三菱 直列4気筒 1.1L 4A31型SOHC16バルブエンジンが搭載され、4速オートマチックトランスミッションが組み合わせられる。また、ジュアラは、プロトン車としては電動パワーステアリング (EPS) が装備される唯一のモデルでもある。

その後、2003年に生産が終了された。

関連項目[編集]