プロゴルフ (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロゴルフ
ジャンル ゴルフゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 データイースト
発売元 データイースト
人数 1人~2人
発売日 [AC]1981年8月
テンプレートを表示

プロゴルフ』(英語表記:Pro Golf)は、1981年8月データイーストより発表されたアーケードゴルフゲームである。デコカセットシステムを使用している。

本ページでは、関連ゲームである18ホール プロゴルフについても取り扱う。

概要[編集]

データイーストの初期から中期にかけての作品。日本初のコンピュータゴルフゲームである。実際のゴルフを再現したゲームである(但し選手名や能力は付けられなかった)。

初版は9ホールだったが、後に18ホールバージョンの「18ホール プロゴルフ」(英語表記:18Holes Pro Golf)もリリースされた。

操作方法[編集]

4方向レバー、ボタンを使用してプレイヤーを操作する。レバーを左右方向に入れるとプレイヤーの移動及びフックスライスが3段階で選択できる。上下方向に入れるとクラブの選択となる。クラブは残り距離に応じて自動的に選択されるが、プレイヤーも調節の意味で選択可能である。5回素振りすることができ、画面の右側に出てくる白い棒グラフ(4回目、5回目は赤くなる)の多少に応じて、飛距離が決まる。5回目の素振りが終わっても、ボタンを押さないと自動的に素振りがなされ、持ち玉が1個消費される。

ゲーム内容[編集]

概要[編集]

画面全体にコースが、画面右側にコースのパラメータデータと縮小マップが表示される。コースには、ラフウォーターハザードバンカーOBエリアが設置され、ペナルティやボールが飛びにくくなるなどの制約も再現されている。

残機(人間の形をしている)+持ち玉というプレイ制度を取っている。持ち玉は1番ホールでは7個、2番ホールでは6個、3番ホールでは4個、4番ホール以降ではそのホールに応じたパーの数だけ持ち玉が用意される。OBエリアやウォーターハザードにボールが落ちると、ペナルティとなり持ち玉を1個失う。ボールの飛びやすさは、実際のゴルフと同じ、フェアウェイ>ラフ>バンカー(このゲームではバンカーに入ると、ボールは殆ど飛ばなくなる)の順である。カップインの前に当該ホール内で持ち玉を失うとそのホールは棄権(HOLE OUTと表示)となり、残機を1つ失った上で、強制的に次のホールへ行く。残機が0の状態で持ち玉を失うとゲームオーバー。尚、残機は10,000点ごとに1人ずつエクステンドとなる。

またプレイヤーが選択できるクラブは、実際のゴルフより少なく、1W・3W・3I・5I・7I・9I・SWPTの8種類のみである。

コース[編集]

アウト9ホール(1番~9番)、イン9ホール(10~18番)で設定されている(初版はアウトのみ)。アウトとインが終了する毎にスコアカードが表示される。イン(18番ホール)が終了して、残機が残っている状態だと、再びアウトホールが始まる(言わばループゲーム)。

コースのデータは以下の通り。尚、後のゴルフゲームに見られる風向風速といった風に関するパラメータは設定されていない。各ホールには残りヤード数が設定されており、0となるとカップインである。スコアはホールインワンアルバトロス・イーグル・バーディー・パー・ボギー・ダブルボギー・トリプルボギーとこちらは実際のゴルフと同じである。

ホール番号 ヤード(括弧内は18ホール版) パー
1・10 390(393) 4
2・11 345(361) 4
3・12 120(137) 3
4・13 445(401) 5
5・14 365(369) 4
6・15 330(321) 4
7・16 350(353) 4
8・17 120(153) 3
9・18 420(417) 5

アウトとインは全く同じコースであり、9ホールの合計パー数は36、18ホールの合計パー数は72となる。

外部リンク[編集]