プレグナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プレグナン
識別情報
CAS登録番号 24909-91-9 ×
PubChem 6857422
ChemSpider 5256760 チェック
ChEBI CHEBI:8386 チェック
特性
化学式 C21H36
モル質量 288.511 g/mol
密度 0.926 g/ml
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

プレグナン(Pregnane)は、プロゲステロンの元になる化合物である。5α-プレグナンと5β-プレグナンに由来する2系統のステロイドの元となる。

5β-プレグナンは、プロゲステロン、プレグナンアルコール、ケトン、そしていくつかの副腎皮質ホルモンの元となり、これらは5β-プレグナンの代謝物質として、多くが尿中で見られる。

プレグナン類[編集]

プレグナン類は、1位から21位に炭素原子を持つステロイドの誘導体である。

生物学的に重要なプレグナン誘導体の大部分は、プレグネン類とプレグナジエン類の2つの分類のどちらかに属する。もう1つの分類は、プレグナトリエン類である。

プレグネン類[編集]

プレグネン類は、1つの二重結合を持つ。以下のようなものが含まれる。

プレグナジエン類[編集]

プレグナジエン類は、2つの二重結合を持つ。以下のようなものが含まれる。

外部リンク[編集]