ヒドロコルチゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cortisol2.svg
Cortisol-3D-balls.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 A-hydrocort, Cortef, Solu-cortef, others[1]
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682206
ライセンス EMA:リンクUS FDA:リンク
胎児危険度分類
  • AU: A
  • US: C
法的規制
  • AU: 処方箋薬(S4) For oral use. S3(Pharmacist only medication) for 1% topical preparations. S2(Pharmacy medicine) for 0.5% topical preparations.
  • UK: POM; OTC for topical administration;
  • US: OTC for topical administration; Rx-only for tablets by mouth, rectal use and intravenous therapy
投与方法 By mouth (tablets), intravenous, topical, rectal
識別
CAS番号
50-23-7 チェック
ATCコード A01AC03 (WHO) A07EA02 (WHO) C05AA01 (WHO) D07AA02 (WHO) H02AB09 (WHO) S01BA02 (WHO) S02BA01 (WHO)
PubChem CID: 5754
DrugBank DB00741 ×
ChemSpider 5551 チェック
UNII WI4X0X7BPJ チェック
KEGG D00088  チェック
ChEBI CHEBI:17650 チェック
ChEMBL CHEMBL389621 チェック
別名 Cortisol; 11β,17α,21-Trihydroxypregn-4-ene-3,20-dione
化学的データ
化学式 C21H30O5
分子量 362.460 g/mol

ヒドロコルチゾン(Hydrocortisone)は、副腎皮質ホルモンのコルチゾールが医薬品として販売される際の成分名[2]急性副腎不全先天性副腎過形成症高カルシウム血症甲状腺炎関節リウマチ皮膚炎気管支喘息慢性閉塞性肺疾患に使われる[1]。口腔、外用、または注射で利用できる[1]。長期にわたって使用してから中止する際は、ゆっくりやめていく[1]ステロイド外用薬では日本での格付け5段階中4の酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(商品名パンデル)、2のミディアムの医薬品ヒドロコルチゾン酪酸エステル(商品名ロコイド)[3]

副作用には、気分の変動、感染症の危険性の増加、浮腫がある[1]。長期的な使用による一般的な副作用には骨粗鬆症腹痛、身体虚弱、カンジダ症がある[1]。妊婦における使用の安全性は不明[4]抗炎症作用免疫抑制作用が作用する[1]

ヒドロコルチゾンは1955年に発見された[5]

WHO必須医薬品の一覧に収載されている[6]一般医薬品も利用できる[1]

薬理[編集]

ヒドロコルチゾンの注射薬。

ヒドロコルチゾンは、口腔からの投与、静脈内注射、外用薬としてのコルチゾールのための薬理学用語である

ステロイド外用薬としては、日本での格付けで5段階中4ベリーストロングの酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(商品名パンデル)、2のミディアムの医薬品ヒドロコルチゾン酪酸エステル(商品名ロコイド)がある[3]。外用薬では吸収率の高い部位、頬、頭、首、陰部では長期連用しないよう注意し、顔への使用はミディアム以下が推奨される[3]。病変の悪化あるいは変化なしでは中止する必要がある[7]。全米皮膚炎学会によれば、ステロイド外用薬離脱の危険性を医師と患者は知っておきべきで、強いステロイドの連用は2週間までとしその後少しづつ漸減して減らしていき、効力に関わらず2-4週間以上は使用すべきではない[7]

ヒドロコルチゾンと比べて、プレドニゾロンの抗炎症性は約4倍強く、デキサメタゾンでは約40倍強い[8]。プレドニゾロンはコルチゾールの代わりになり、用量において(抗炎症性ではなく)コルチゾールの約8倍強い[9]

タンパク質結合性[編集]

多くの血中のコルチゾールはコルチコステロイド結合グロブリン (CBG) と血清アルブミン英語版といったタンパク質に結合している。遊離コルチゾールは、細胞膜を容易に通過し、細胞内のグルココルチコイド受容体に結合する[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Hydrocortisone”. Drugs.com. American Society of Health-System Pharmacists (2015年2月9日). 2016年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月30日閲覧。
  2. ^ Becker, Kenneth L. (2001) (英語). Principles and Practice of Endocrinology and Metabolism. Lippincott Williams & Wilkins. p. 762. ISBN 9780781717502. オリジナルの2016-09-14時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=FVfzRvaucq8C&pg=PA762. 
  3. ^ a b c 公益社団法人日本皮膚科学会、一般社団法人日本アレルギー学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018」、『日本皮膚科学会雑誌』第128巻第12号、2018年、 2431-2502頁、 doi:10.14924/dermatol.128.2431NAID 130007520766
  4. ^ Hydrocortisone Pregnancy and Breastfeeding Warnings”. Drugs.com. 2016年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月1日閲覧。
  5. ^ Walker, S. R. (2012) (英語). Trends and Changes in Drug Research and Development. Springer Science & Business Media. p. 109. ISBN 9789400926592. オリジナルの2016-09-14時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=FB_2CAAAQBAJ&pg=PA109. 
  6. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  7. ^ a b Hajar T, Leshem YA, Hanifin JM, et al. (March 2015). “A systematic review of topical corticosteroid withdrawal ("steroid addiction") in patients with atopic dermatitis and other dermatoses”. J. Am. Acad. Dermatol. (3): 541–549.e2. doi:10.1016/j.jaad.2014.11.024. PMID 25592622. 
  8. ^ Dexamethasone”. drugs.com. 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月14日閲覧。
  9. ^ Caldato, Milena C. F.; Fernandes, Vânia T.; Kater, Claudio E. (2004-10-01). “One-year clinical evaluation of single morning dose prednisolone therapy for 21-hydroxylase deficiency”. Arquivos Brasileiros de Endocrinologia e Metabologia 48 (5): 705–712. doi:10.1590/S0004-27302004000500017. ISSN 0004-2730. PMID 15761542. 
  10. ^ Medical Physiology (2nd ed.). Philadelphia: Saunders. (2011). ISBN 1-4377-1753-5.