プルゴンヴラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Plougonvelin
Blason ville fr Plougonvelin (Finistère).svg
PharepointeSaintMathieu.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) ブレスト郡
小郡 (canton) サン=ルナン小郡
INSEEコード 29190
郵便番号 29217
市長任期 イスラエル・バコール
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays d'Iroise
人口動態
人口 3760人
2010年
人口密度 201人/km2
住民の呼称 Plougonvelinois, Plougonvelinoise
地理
座標 北緯48度20分26秒 西経4度43分06秒 / 北緯48.34059度 西経4.71846度 / 48.34059; -4.71846座標: 北緯48度20分26秒 西経4度43分06秒 / 北緯48.34059度 西経4.71846度 / 48.34059; -4.71846
標高 平均:m
最低:0m
最高:85 m
面積 18.69km2
Plougonvelinの位置(フランス内)
Plougonvelin
Plougonvelin
公式サイト Portail officiel de la commune de Plougonvelin
テンプレートを表示

プルゴンヴランPlougonvelin)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地理[編集]

ブレストの西約20kmにあるプルゴンヴランは、海辺の町である。ル・コンケトレバビュプルモンゲルプルザネと接している。海岸は西側の平均して高い崖が特徴で、そこには数箇所の砂浜が含まれる。東にはベルトーム砦がある。ベルトーム入江には4箇所の砂浜がある。住宅地はトレズ=イル地区と町に集中しており、サン=マチュー集落には数戸しかない。

歴史[編集]

16世紀のプルゴンヴランは、ブレストとサン=ルナンのセネシャル管轄区に含まれていた[1]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
1439 1442 1567 1738 2167 2868 3525 3760

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

ブルトン語[編集]

2005年6月16日、コミューン議会はブルトン語の日常使用促進をうたうYa d'ar brezhoneg憲章を批准した。2007年の新学期時点で、コミューンの児童のうち5.8%が二言語学校に在籍していた[5]

史跡[編集]

  • サン=マチュー岬 - 岬は、コミューンの最西端にあたる。12世紀に建てられたサン=マチュー修道院の廃墟が残っている。19世紀にノートルダム・ド・ラ・グラース礼拝堂が建てられた場所は、7世紀に教会があったのと同じ場所である。すぐそばには1835年にサン=マチュー灯台が建てられた[6]。1906年には腕木信号機が建てられた[7]
  • ベルトーム砦フランス語版 - コミューンの南東には、現在ベルトーム砦と呼ばれている要塞化された島がある。ブルターニュ公が5世紀にペルゼル城を建設するまでは、石器時代のものである古い遺構があった。17世紀になってヴォーバンによって設備が強化された。ブレスト海峡の防衛と監視のための軍事的要所で、第二次世界大戦からの建物も含まれている。長く放置されたあと、1992年より一般公開されている[8]

脚注[編集]