プリトビナラヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴルカ王国時代に建設された丘の上に建つ旧王宮

プリトビナラヤンネパール語:पृथ्वीनारायण 、英語:Prithbinarayan/Prithvinarayan)は、ネパールガンダキ県ゴルカ郡の都市。かつてはゴルカと呼ばれ、ゴルカ王国の首都であった。

歴史[編集]

1559年、この地をドラヴィヤ・シャハが征服し、ゴルカ王国を建国した。

1768年、ゴルカ王国がカトマンズ・マッラ朝の首都カトマンズに遷都すると、ゴルカからカトマンズに遷都された。

その後、ネパール王国の建国者プリトビ・ナラヤン・シャハの生地ということもあり、ゴルカからプリトビナラヤンに改名された[1]

人口[編集]

1991年の統計では、25,000人。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]