プラタープ・シング (ジャンムー・カシュミール藩王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラタープ・シング
ジャンムー・カシュミール藩王国君主
Maharaja Partab Singh (1848 - 1925).jpg
在位 1885年 - 1925年

出生 1848年7月18日
リヤーシー
死去 (1925-09-23) 1925年9月23日(77歳没)
シュリーナガル
父親 ランビール・シング
テンプレートを表示

プラタープ・シング(Pratap Singh, 1848年7月18日 - 1925年9月23日)は、北インドジャンムー・カシュミール藩王国の君主(在位:1885年 - 1925年)。

生涯[編集]

1848年7月18日、プラタープ・シングはランビール・シングの息子として、リヤーシーで生まれた[1]

1885年9月12日、父ランビール・シングが死亡したことにより、プラタープ・シングが藩王位を継承した[1]

1925年9月23日 、プラタープ・シングはシュリーナガルで死亡し、甥のハリ・シングが藩王位を継承した[1]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

先代:
ランビール・シング
ジャンムー・カシュミール藩王国君主
1885年 - 1925年
次代:
ハリ・シング