ブルース・リー物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルース・リー物語
李小龍傳奇
監督 ウー・スー・ユエン
公開 香港の旗 1976年10月28日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 98分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
テンプレートを表示

ブルース・リー物語』(原題:李小龍傳奇、英題:Bruce Lee True Story)は、1976年香港映画。主演はホー・チョンドー(何宗道)、監督は呉思遠。過去の地上波テレビ放送時のタイトルは『カンフーに生きる!ブルース・リー物語』。

解説[編集]

ジェイソン・スコット・リー主演の『ドラゴン/ブルース・リー物語』(1993年)以前に製作されたブルース・リーの伝記映画。

ストーリーは現実にかなり近く、アクション・シーンは冒頭部分は消化不良だが、後半にいくにつれ、かなりのスピード感が出ていて、にせものブルース・リー映画の中でもNo.1と言っていいぐらいの出来となっている。

しかし、顔はブルース・リーにはほど遠く、あごの面積があるために劇中、ブルース・リーになりきって演じていても大して迫力がない。

工事現場近くで、トレーニングをしているシーンがあるが、この工事現場で働いている人のなかに、ジャッキー・チェンの映画で有名なマース(火星)がいる。数少ないマースのアクションシーンも見られる。マースをボコボコにした人は、ブルース・リー作品『ドラゴンへの道』にも出演している。ほかにも劇中、『燃えよドラゴン』の撮影シーンでは、フォン・ハックオンユン・ピョウリー・ハイサンといった香港スターの顔が確認できる。

特記[編集]

  • ブルース・リー役を演じるホー・チョンドーは、数多いソックリさんの中でも容姿・実力共にナンバー1と言われた俳優で、ブルース・リィ(黎小龍)を名乗っていた時期もあった。
  • ブルース・リー作品とほぼ同じ場所(タイ、ローマ等)でロケが行われている点、リー作品の共演者が数多く出演している点(例えば『ドラゴン危機一発』の氷工場監督、『ドラゴンへの道』のマフィアの手下、同じく『―への道』等で共演したユニコーン・チャンが本人役)でマニアには興味深い作品となっている。

外部リンク[編集]