ブルマジーニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルマジーニョ

Brumadinho
基礎自治体
ブルマジーニョの旗
ブルマジーニョの公式印章
印章
Location of ブルマジーニョ
ブルマジーニョの位置(ブラジル内)
ブルマジーニョ
ブルマジーニョ
ブラジル内の位置
座標:南緯20度08分34秒 西経44度12分00秒 / 南緯20.14278度 西経44.20000度 / -20.14278; -44.20000座標: 南緯20度08分34秒 西経44度12分00秒 / 南緯20.14278度 西経44.20000度 / -20.14278; -44.20000
ブラジルの旗 ブラジル
地域 南東部地域
ミナス・ジェライス州
中地域 ベロ・オリゾンテ中地域英語版
小地域 ベロ・オリゾンテ小地域英語版
入植 1689年
市制 1955年5月25日
行政
 • 市長 Antônio Brandão
面積
 • 合計 640,150km2
標高
880m
人口
(2018年7月1日)[2]
 • 合計 39,520人
等時帯 UTC−3 (ブラジル時間)
 • 夏時間 UTC−2 (ブラジル夏時間)
人間開発指数 (2010)[3] 0.747
ウェブサイト www.brumadinho.mg.gov.br

ブルマジーニョ(ポルトガル語:Brumadinho)(ブラジルポルトガル語発音: [bɾumaˈdʒiɲu])は、ブラジル南東部地域ミナス・ジェライス州の基礎自治体。 州都ベロ・オリゾンテの都市圏に属する。 標高は880mで、2018年7月1日の人口は3万9520人。 パラオペバ川英語版が流れる。 イニョチン地区には、ラテンアメリカ最大級の屋外現代美術館が有る。

歴史[編集]

1689年に入植が始まった。

1929年5月13日、市民のTarcilio Gomes da Costa がBanda São Sebastião交響楽団を結成した。

1938年12月17日、自治体に昇格した。

1955年5月25日、市に昇格した。

1994年セーハ・ド・ローラ・モッサ州立公園英語版が開園し、その内39.41km2が市域に含まれた[4]

2019年1月25日ブルマジーニョ尾鉱ダム決壊事故が発生し、少なくとも193人が死亡した[5][6]。泥流は鉱山の管理区域だけでなく、下流の集落も飲み込んだ。

関連項目[編集]

  • ヴァーレ:鉱山の所有企業。2015年にも同様の事故を起こし、19人が死亡した。

脚注[編集]

  1. ^ Área territorial oficial” [Official Territorial Area] (ポルトガル語). Brazilian Institute of Geography and Statistics (IBGE) (2002年10月10日). 2010年12月5日閲覧。
  2. ^ City Population”. 2019年3月9日閲覧。
  3. ^ Ranking decrescente do IDH-M dos municípios do Brasil (PDF)” [Ranking of HDI-M of Brazilian Municipalities] (ポルトガル語). United Nations Development Programme (UNDP) (2010年). 2013年8月3日閲覧。
  4. ^ (ポルトガル語) Parque Estadual da Serra do Rola-Moça, IEF, http://www.ief.mg.gov.br/component/content/198?task=view 2017年1月16日閲覧。 
  5. ^ Phillips, Dom (2019年1月26日). “Brazil dam collapse: hundreds missing after mining disaster”. The Guardian. 2019年1月26日閲覧。
  6. ^ “Lista de mortos na tragédia em Brumadinho: sobe para 177 o número de identificados atè ahora”. https://g1.globo.com/mg/minas-gerais/noticia/2019/01/26/veja-quem-sao-as-vitimas-da-tragedia-em-brumadinho.ghtml 2019年2月23日閲覧。