ブリューゲルの動く絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリューゲルの動く絵
The Mill and the Cross
Pieter Bruegel d. Ä. 007.jpg
監督 レフ・マイェフスキ英語版
脚本 マイケル・フランシス・ギブソン英語版
レフ・マイェフスキ
製作 レフ・マイェフスキ
製作総指揮 アンゲルス・シレジウス
出演者 ルトガー・ハウアー
マイケル・ヨーク
シャーロット・ランプリング
音楽 レフ・マイェフスキ
ヨゼフ・スカルツェク
撮影 レフ・マイェフスキ
アダム・シコラ
編集 エリオット・エムス
ノルベルト・ルジク
製作会社 Silesia Film
ポーランド・テレビ
配給 日本の旗 ユーロスペースブロードメディア・スタジオ
公開 ポーランドの旗 2011年3月18日
日本の旗 2011年12月17日
上映時間 96分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 英語
スペイン語
製作費 €1,100,000[1]
興行収入 $342,519[2]
テンプレートを表示

ブリューゲルの動く絵』(ブリューゲルのうごくえ、The Mill and the Cross)は、2011年ポーランドスウェーデン合作の歴史映画16世紀フランドル絵画の巨匠ピーテル・ブリューゲルの代表作の1つ「ゴルゴタの丘への行進(十字架を担うキリスト)英語版」(1564年)の世界を実写とCGで再現した体感型アートムービーである[3]。また、マイケル・フランシス・ギブソン英語版の著書『The Mill and The Cross』から着想を得ている[4]

2011年のサンダンス映画祭で初上映され[5]、同年の第10回サンフランシスコ映画批評家協会賞では特別賞を受賞した。

ストーリー[編集]

16世紀のフランドル地方(現在のベルギー)の農村にいつも通りの朝が来る。仲睦まじい若夫婦は子牛を売りに出かける。切り立った岩山の上に立つ風車小屋の風車守の家族は小麦を挽く。長閑に見える村の人々の生活の一方で、支配者は異端者を残酷に迫害しており、若夫婦の夫は晒し者にされて殺される。村の様子をスケッチしていた画家のブリューゲルは、友人で美術品収集家である裕福な商人ヨンゲリンクから、この悲惨な様子を描けるかと挑戦的な問いを受ける。それに応えたブリューゲルが、風車守に合図して風車を止めると、目の前の光景がピタリと動きを止める。そのフランドルの風景の中に、十字架を背負わされ、ゴルゴタの丘に連れて行かれるキリストと、その母マリアの姿があった。風車が回り出し、再び人々が動き出すと、目の前で聖書の物語「十字架を担うキリスト」の光景が再現される。夜が明け、いつも通りの朝が来ると、村の人々は普段と変わらぬ生活を送る。

こうして描かれたブリューゲルの「ゴルゴタの丘への行進英語版」は今、ウィーン美術史美術館に展示されている。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Katarzyna Grynienko (2009年8月17日). “Production: The Mill And The Cross wraps shoot” (英語). Film New Europe. オリジナル2012年3月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120313053034/http://www.filmneweurope.com/production/news/production-the-mill-and-the-cross-wraps-shoot 2013年11月9日閲覧。 
  2. ^ The Mill and the Cross (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2013年11月9日閲覧。
  3. ^ ブリューゲルの動く絵”. WOWOW. 2013年11月9日閲覧。
  4. ^ クレジット”. 映画『ブリューゲルの動く絵』公式サイト. 2013年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月9日閲覧。
  5. ^ “2011 Sundance Film Festival Noncompetitive Categories” (英語). Standard-Examiner. (2010年12月2日). http://www.standard.net/topics/sundance-film-festival/2010/12/02/2011-sundance-film-festival-noncompetitive-categories 2013年11月9日閲覧。 

外部リンク[編集]