ブラフ・シューペリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラフ・シューペリアBrough Superior motorcycles)はかつてイギリスに存在したオートバイメーカー。日本では表記のぶれが激しく、ブラフ・シュペーリア、ブラウ・シューペリア、ブラウ・シュペーリア、ブロウスペリアなどとも。単にブラフと呼ばれる場合も多い。

SS100(1925年)

1919年、ジョージ・ブラフ(George Brough1890年4月21日 - 1970年1月12日)がやはりオートバイ製造を行っていた父親ウィリアム・E・ブラフ(William E. Brough )の会社から独立する形で興した。

顧客の要望に合わせたカスタムメイドを行ったため同じ構成のバイクは2つもないと言われました。

初めに全ての部品を組立て、そして分解した後に全ての部品の塗装を行い、必要に応じてメッキ加工も施し、 塗装した部品を組立て、完成した全てのバイクは、ジョージ・ブラフによりテストが行われ仕様に応じた認定がなされました。 任意のバイクが仕様を満たしていない場合、仕様を満たすまで再度作り直され、その性能の高さと品質から「オートバイのロールスロイス」とも例えられたが、1940年を最後にオートバイ生産から撤退した。その後は自社マシンのレストアで事業を継続し、第二次大戦中はロールス・ロイスの製造した航空機エンジンのパーツ生産を行うなどもしていたが、戦後イギリスの経済復興が遅れた事もあって、50年代半ばに会社を閉鎖した。21年間で19モデル・3048台を製造。

60年以上を経た現在でも熱心なファンが存在し、Brough Superior Club というユーザーによる組織が存在する。

ブラフ・シューペリアの車種[編集]

初期のモデルは、ブラフシューペリアMark I (サイドバルブorオーバーヘッド)、 ブラフシューペリアMark IIとMark II(スポーツ)があります。 早期半ば製造にオーバーヘッド500、680 、SV5.15、および750サイドバルブが生産されましたが 人気がなく、生産を中止しました。

次の4つのモデルは製造の大部分を表し、ほとんどがカスタムオーダーするために構築され、 多くのバリエーションが製造されました。

  • SS80(スーパースポーツ)
    • J.A.P.又はマチレス製1000ccのサイドバルブ空冷V型2気筒エンジン。
    • 1922年から1940年に約1086台生産されました。
  • SS100(スーパースポーツ)
    • J.A.P.又はマチレス製1000ccのサイドバルブ空冷V型2気筒エンジン又は空冷4ストロークOHV-V型2気筒エンジン。
    • 1924年から1940年に約383台生産されました。
  • SS680 OHV(スーパースポーツ)
    • J.A.P.製の680ccの空冷4ストロークOHV-V型2気筒エンジン。
    • 1926年から1936年に約547台生産されました。
  • 11.50
    • J.A.P.製1096ccのサイドバルブ空冷60°V型2気筒エンジンを搭載。
    • これらは主にサイドカーや警察が使用するために設計され1933から1940年に約308台生産されました。

これらを含めブラフシューペリアは、数多くの実験、ショー、そしてレーシングモデルを生産しました。

  • Golden Dream
    • 996ccOHV-H型4気筒エンジン
    • ジョージ・ブラフに「フラット縦型」エンジンと呼ばれ1938年にロンドンでアールズコートモーターサイクルショーに出展されました。
    • 1938年から1939年に生産されました。
  • Brough Superior Austin Four
    • 797ccサイドバルブ直列4気筒
    • このバイクは、修正されたオースチン7の自動車のエンジンを搭載しました。
    • Brough Superiorは1920年代と30代の4気筒のバイクを提供する唯一の英国のメーカーでした。
    • 1932年から1934年に生産されました。
  • Pendine
    • 空冷4サイクルOHV45゜V型2気筒
    • 1930年代初頭に生産され、時速180キロの保証最高速度を持っていました。
    • PendineはSS100モデルではなく、エンジン性能の違いで基づいていました。
    • レーサーのバリー(Baragwanath)は過給機を設置し、現在では"Barry's Big Blown Brough"として知られています。

速度記録[編集]

1924年、Herbert Le Vack がオートバイ単独とサイドカー付きでの世界速度記録(118.93マイル/99.8マイル)を樹立。 1937年には Eric C. Fernihough が単独とサイドカー付きでの世界記録(169.8マイル/137マイル)を樹立するなどした。

自動車の生産[編集]

1936年から1939年にかけては Brough Superior Automobiles のブランドで自動車のアセンブリ生産も行っていた。生産台数は85台。

トリビア[編集]

ロレンスとブラフ
  • キノの旅』で主人公の相棒として登場する二輪車の「エルメス」は、ブラフ・シューペリア SS100がモデルになっている[1]。アニメ版では実車の動作音が使われた。
  • トーマス・エドワード・ロレンスは、「ジョージ」とニックネームをつけたブラフを7台乗り継ぎ、8台目の納車を目前に控えていたがブラフを運転中の事故で意識不明となり死去した。
  • 機甲創世記モスピーダ」では、イエローの操るライドアーマーに発音の異なる「ブロウスーペリア」の名が与えられている。
  • ああっ女神さまっ」では、主人公の祖父の愛車として登場、修理するシーンがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 時雨沢恵一(作者)によるツイート https://twitter.com/#!/sigsawa/status/182387556250419200

外部リンク[編集]