ブライアン・バリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブライアン・バリー(Brian Barry、1936年1月13日 - 2009年3月10日)は、イギリスの政治哲学者。専門は、政治理論、正義論。

ロンドン生まれ。オックスフォード大学クイーンズ・カレッジでハーバート・ハートに師事し博士号取得。バーミンガム大学キール大学サウサンプトン大学、オックスフォード大学ナッフィールド・カレッジ、エセックス大学シカゴ大学カリフォルニア工科大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスコロンビア大学などで教鞭を執った。

2001年ヨハン・スクデ政治学賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • Political Argument, (Routledge, 1965, new ed., 1990).
  • Sociologists, Economists and Democracy, (Macmillan, 1970).
  • The Liberal Theory of Justice: A Critical Examination of the Principal Doctrines in A Theory of Justice by John Rawls, (Clarendon Press, 1973).
  • Theories of Justice, (University of California Press, 1989).
  • Democracy, Power, and Justice: Essays in Political Theory, (Clarendon Press, 1989).
  • Liberty and Justice, (Clarendon Press, 1991).
  • Justice as Impartiality, (Clarendon Press, 1995).
  • Culture and Equality: An Egalitarian Critique of Multiculturalism, (Harvard University Press, 2001).
  • Why Social Justice Matters, (Polity Press, 2005).

編著[編集]

  • Power and Political Theory: Some European Perspectives, (Wiley, 1976).

共編著[編集]

  • Obligations to Future Generations, co-edited with R. I. Sikora, (Temple University Press, 1978).
  • Rational Man and Irrational Society?: An Introduction and Sourcebook, co-edited with Russell Hardin, Sage, 1982).
  • Free Movement: Ethical Issues in the Transnational Migration of People and of Money, co-edited with Robert E. Goodin, (Harvester Wheatsheaf, 1992).
  • The British Study of Politics in the Twentieth Century, co-edited with Jack Hayward and Archie Brown, (Oxford University Press, 1999).

外部リンク[編集]