ブエノスアイレスの夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブエノスアイレスの夜
Vidas privadas
監督 フィト・パエス
脚本 フィト・パエス、アラン・パウルススペイン語版
音楽 ヘラルド・ガンディーニスペイン語版、フィト・パエス
撮影 Andrés Mazzon
編集 Fernando Pardo
公開 2001年
上映時間 97分 / 105分[1]
製作国 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
テンプレートを表示

ブエノスアイレスの夜』(ブエノスアイレスのよる、スペイン語: Vidas privadas)は、フィト・パエススペイン語版が監督した2001年の映画スペイン語の原題は「私生活」、「秘密の生活」といった意味である。

この映画は、パエスが監督した初めての長編映画であり、歴史上、汚い戦争として知られる1970年代アルゼンチンにおける独裁政権の悪夢を克服できずにいる女性主人公が抱える困難な感情の諸相を描いた作品である[2]

あらすじ[編集]

カルメンは42歳の女性。故国アルゼンチを離れ、スペインのマドリードに単身で暮らしていたが、父の財産の一部を相続するため、20年ぶりにブエノスアイレスに戻ってきた。

1976年の軍事クーデターは、ジャーナリストだった夫を奪い、彼女自身も逮捕され1年間の投獄と拷問を受けた。解放され国を離れた後も、悪夢に蝕まれた彼女は、人との性的な触れ合いができなくなり、異常に敏感となった聴覚が常に彼女を苦しませるのであった。

2週間のブエノスアイレス滞在のため彼女は秘かにアパートを借り、壁越しに男女の交わりの音を聞くため、カップルを雇い入れようとする。...[1]

キャスト[編集]

配給[編集]

この映画は、2001年11月2日スペインで封切られた。メキシコアルゼンチンでは、2002年春に公開された。2003年6月5日には、結末の悲劇性をやや弱めたバージョンが、スペイン語英語DVDとしてリリースされた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b ブエノスアイレスの夜 - 映画.com - ネタバレを含むあらすじが記載されている。
  2. ^ Fito Páez debutó con un filme duro y doloroso” (スペイン語) (2001年9月25日). 2016-21-26閲覧。
  3. ^ Orbe (2003年7月3日). “Fito Páez lanza DVD de "Vidas Privadas" con final alternativo” (スペイン語). emol.com. 2016年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]