フルオレノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フルオレノン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 486-25-9 チェック
PubChem 10241
ChemSpider 9824 チェック
KEGG C06712 チェック
ChEBI CHEBI:17922 チェック
ChEMBL CHEMBL571655 チェック
特性
化学式 C13H8O
モル質量 180.192 g/mol
外観 フレーク状の黄色固体
結晶性の粉末
密度 1.13 g/cm3
融点

83.5 °C

沸点

342 °C

への溶解度 水に溶けない
屈折率 (nD) 1.6309
危険性
安全データシート(外部リンク) External MSDS
主な危険性 刺激性
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
1
0
引火点 163 °C
発火点 608 °C
関連する物質
関連物質 フルオレン
1,8-ジアザフルオレン-9-オン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フルオレノン(fluorenone)は、化学式がC13H8Oで表される芳香族有機化合物である。

製法[編集]

フルオレノンは、フルオレン酸化クロム (VI)酸化することによって合成できる [1]

Fluorenon Synthesis.png

用途[編集]

フルオレノンは、他の物質の合成の材料として使用されることがある。例えば、フルオレノンにマグネシウムカルシウムを作用させることによって、ルビセンを合成することが可能である [2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 化学大辞典編集委員会 『化学大辞典 (縮刷版) 8』 p.31 (左上) 共立出版 1964年2月15日発行 ISBN 4-320-04022-8
  2. ^ 化学大辞典編集委員会 『化学大辞典 (縮刷版) 9』 p.855 (右上) 共立出版 1964年3月15日発行 ISBN 4-320-04023-6

外部リンク[編集]