フリードリヒ1世 (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
十字軍に参加するフリードリヒ1世

フリードリヒ1世Friedrich I., 1175年頃 - 1198年4月16日)は、バーベンベルク家オーストリア公(在位:1194年 - 1198年)。レオポルト5世ハンガリーゲーザ2世の娘イロナの長男。レオポルト6世の兄。

生涯[編集]

1197年神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世に従って十字軍英語版に参加。パレスチナから帰還途中の1198年に死去した。息子はなく、弟のレオポルト6世が後を継いだ。

遺体はハイリゲンクロイツ修道院の集会室に埋葬されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハイリゲンクロイツ修道院はウィーンの森の神秘なる中心”. ハイリゲンクロイツ修道院. 2014年1月7日閲覧。
先代:
レオポルト5世(有徳公)
オーストリア公
1194年 - 1198年
次代:
レオポルト6世(栄光公)