フリースタイルスキー・ワールドカップ 2002-2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フリースタイルスキー・ワールドカップ 2002-20032002年9月7日から2003年3月12日まで開催された24シーズン目となるフリースタイルスキー・ワールドカップである。

競技種目[編集]

前シーズンに行なわれたエアリアル(AE)、モーグル(MO)、デュアルモーグル(DM)の3種目に、新たにスキークロス(SX)を加えた4種目が行なわれた。

日程[編集]

チェコで初となるフリースタイルスキー・ワールドカップがスピンドレルフ・ムリンで開催された。

月日 種目 開催地 優勝者
男子 女子
2002年 9月7日 AE オーストラリアの旗 マウント・ブラー カナダの旗 ジェフ・ビーン カナダの旗 ヴェロニカ・バウアー
9月8日 AE カナダの旗 スティーブ・オミシュル カナダの旗 ヴェロニカ・バウアー
11月30日 SX フランスの旗 ティーニュ チェコの旗 トーマス・クラウス スウェーデンの旗 マグダレーナ・イリヤンス
12月1日 MO アメリカ合衆国の旗 トラビス・キャブロウ オーストリアの旗 マルガリータ・マーブラー
12月7日 MO イタリアの旗 サウゼ・ドゥルクス フィンランドの旗 ミッコ・ロンカイネン ノルウェーの旗 カーリー・トロー
12月14日 MO イタリアの旗 マドンナ・ディ・カンピーリオ アメリカ合衆国の旗 トビー・ドーソン アメリカ合衆国の旗 シャノン・バーキー
12月19日 MO フィンランドの旗 ルカ フィンランドの旗 タピオ・ルースァ ノルウェーの旗 カーリー・トロー
2003年 1月11日 MO カナダの旗 モントランブラン カナダの旗 ピエール=アレキサンダー・ルソー アメリカ合衆国の旗 シャノン・バーキー
1月12日 AE カナダの旗 ジェフ・ビーン オーストラリアの旗 アリサ・キャンプリン
1月17日 AE アメリカ合衆国の旗 レークプラシッド ロシアの旗 ドミトリ・アルキポフ オーストラリアの旗 アリサ・キャンプリン
1月18日 MO アメリカ合衆国の旗 トラビス・キャブロウ 日本の旗 上村愛子
1月19日 AE カナダの旗 ライアン・ブレイス 中華人民共和国の旗 徐囡囡
1月18日 SX スイスの旗 ラークス フランスの旗 エナク・ガバッジオ スウェーデンの旗 マグダレーナ・イリヤンス
1月25日 DM カナダの旗 ファーニー フィンランドの旗 ヤンネ・ラハテラ カナダの旗 ステファニー・セント・ピエール
1月26日 AE チェコの旗 アレシュ・バレンタ カナダの旗 ヴェロニカ・バウアー
1月29日から2月2日 世界選手権ディアバレー大会
2月7日 AE アメリカ合衆国の旗 スチームボート ロシアの旗 ドミトリ・アルキポフ オーストラリアの旗 アリサ・キャンプリン
2月8日 MO アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・ブルーム ノルウェーの旗 カーリー・トロー
2月15日 MO 日本の旗 猪苗代町 アメリカ合衆国の旗 トラビス・キャブロウ ノルウェーの旗 カーリー・トロー
2月22日 DM 日本の旗 斑尾高原 カナダの旗 ピエール=アレキサンダー・ルソー フランスの旗 ベルニス・グレゴア
2月23日 MO アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・ブルーム オーストリアの旗 マルガリータ・マーブラー
3月1日 MO ノルウェーの旗 ボス フィンランドの旗 ヤンネ・ラハテラ アメリカ合衆国の旗 シャノン・バーキー
3月2日 DM カナダの旗 ステファン・ローション ノルウェーの旗 カーリー・トロー
3月1日 AE チェコの旗 スピンドレルフ・ムリン ロシアの旗 ドミトリ・アルキポフ オーストラリアの旗 リディア・ラシラ
3月2日 AE カナダの旗 スティーブ・オミシュル スイスの旗 エベリネ・ルー
3月12日 SX フランスの旗 レ・コンタミンヌ 日本の旗 瀧澤宏臣 オーストリアの旗 カーリン・フッタリー

総合成績[編集]

オーバーオール[編集]

男子

順位 名前 ポイント
1位 カナダの旗 スティーブ・オミシュル 100
2位 フランスの旗 マティアス・ウェクスティン 100
スイスの旗 パトリック・シュミット 100

女子

順位 名前 ポイント
1位 スロベニアの旗 サーシャ・ファリック 100
フランスの旗 マリー・マルティノド 100
3位 オーストラリアの旗 リディア・ラシラ 80

エアリアル[編集]

全9戦が行なわれた。有効ポイント制により9戦中の6戦(75%)が有効で、ポイントは600点満点となる。男子はドミトリ・アルキポフがロシア人初の総合優勝を果たした。女子はオーストラリアの選手が総合優勝した。

男子

順位 名前 ポイント
1位 ロシアの旗 ドミトリ・アルキポフ 572
2位 カナダの旗 スティーブ・オミシュル 560
3位 カナダの旗 ジェフ・ビーン 556

女子

順位 名前 ポイント
1位 オーストラリアの旗 アリサ・キャンプリン 580
2位 オーストラリアの旗 リディア・ラシラ 556
3位 カナダの旗 ヴェロニカ・バウアー 556

モーグル[編集]

全10戦が行なわれた。有効ポイント制により10戦中の7戦が有効で、ポイントは700点満点となる。男女共にアメリカの選手が総合優勝した。

男子

順位 名前 ポイント
1位 アメリカ合衆国の旗 トラビス・キャブロウ 628
2位 カナダの旗 ピエール=アレキサンダー・ルソー 616
3位 アメリカ合衆国の旗 トラビス・メイヤー 616

女子

順位 名前 ポイント
1位 アメリカ合衆国の旗 シャノン・バーキー 684
2位 ノルウェーの旗 カーリー・トロー 676
3位 オーストリアの旗 マルガリータ・マーブラー 612

デュアルモーグル[編集]

全3戦が行なわれた。3戦のみの為、全戦が有効でポイントは300点満点である。男子は2年ぶりにヤンネ・ラハテラが総合優勝した。女子はマルガリータ・マーブラーがオーストリア人初の総合優勝を果たした。

男子

順位 名前 ポイント
1位 フィンランドの旗 ヤンネ・ラハテラ 284
2位 カナダの旗 ステファン・ローション 260
3位 スウェーデンの旗 フレデリック・フォートコード 248

女子

順位 名前 ポイント
1位 オーストリアの旗 マルガリータ・マーブラー 236
2位 カナダの旗 タミ・ブラッドリー 208
3位 ノルウェーの旗 カーリー・トロー 204

スキークロス[編集]

全3戦が行なわれた。3戦のみの為、全戦が有効でポイントは300点満点である。男子は日本人の瀧澤宏臣が、女子はフランス人のバレンタイン・スクオットがそれぞれ初代王者に輝いた。

男子

順位 名前 ポイント
1位 日本の旗 瀧澤宏臣 268
2位 フランスの旗 エナク・ガバッジオ 252
3位 オーストリアの旗 マークス・ウィットナー 232

女子

順位 名前 ポイント
1位 フランスの旗 バレンタイン・スクオット 276
2位 スウェーデンの旗 マグダレーナ・イリヤンス 252
3位 スイスの旗 アニック・スタウデンマン 216

外部リンク[編集]