フランシュ=コンテを統治下に収められた国王陛下に捧げるソネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランシュ=コンテを統治下に収められた国王陛下に捧げるソネ』(仏語原題: Au Roi, sur la conquête de la Franche-Comté )は、モリエールによるソネ。1668年3月発表。

内容[編集]

フランス語原文[1] 日本語訳[2]
Ce sont faits inouïs, GRAND ROI, que tes victoires ! 偉大な国王よ、この勝利は前代未聞の偉業です!
L'avenir aura peine à les bien concevoir ; 未来はこのような偉業の成立を、想像すらできなかったでしょう;
Et de nos vieux héros les pompeuses histoires 古代の英雄たちの栄えある歴史も
Ne nous ont point chanté ce que tu nous fais voir. 陛下が我々に見せてくださるような偉業を歌いませんでした。
Quoi ! presque au même instant qu'on te l'a vu résoudre, ああ!陛下のご決断とほとんど同時に、
Voir toute une province unie à tes États ! ひとつの地方が丸々そっくり、陛下の国家に併合されたのです!
Les rapides torrents et les vents et la foudre 激流も、風も、雷も、
Vont-ils, dans leurs effets, plus vite que ton bras ? 陛下の手腕と同じほどに、素早く結果を生み出すことが出来るでしょうか?
N'attends pas, au retour d'un si fameux ouvrage, 期待なさいませんように、素晴らしい仕事を終えて帰還された陛下、
Des soins de notre muse un éclatant hommage. 私たちの詩の女神による輝かしい賛辞を。
Cet exploit en demande, il le faut avouer ; これほどの偉業には、輝かしい賛辞が必要なことは認めましょう;
Mais nos chansons, GRAND ROI, ne sont pas si tôt prêtes ; ですが陛下、我々はそう簡単には詩を認めることはできないのです;
Et tu mets moins de temps à faire tes conquêtes 陛下があまりに早く、征服をお遊ばせになるので
Qu'il n'en faut pour les bien louer. 賛辞のことばを考える時間さえもありません。

成立過程[編集]

1668年2月3日から、フランス軍はネーデルラント継承戦争において、フランシュ=コンテ獲得に向けて軍事行動を開始、およそ2週間ほどで同地を制圧し、支配下に収めた。アーヘンの和約で一度は返還したものの、最終的にナイメーヘンの和約において、正式にフランスの領土となった[3]

この勝利をテーマに、コルネイユをはじめとして様々な文人が競って詩を作った。モリエールもその一人であったが、王から年金を貰っている立場の彼にとって、この勝利をたたえることは自身の腕の見せどころでもあった。この作品は1668年3月、『アンフィトリオン』とともに出版されたほか、同時期に出版された詞華集にも採録されている。1670年の『アンフィトリオン』再版の際にも、ともに付して出版されたが、この詩の存在は19世紀まで知られていなかった。この詩が初めてモリエール全集に採録されたのは、1824年のことである[3]

脚注[編集]

  1. ^ パブリック・ドメイン
  2. ^ 本記事執筆者による訳
  3. ^ a b モリエール全集6,P.144,ロジェ・ギシュメール他編,臨川書店