フランク・チャックスフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランク・チャックスフィールド(Frank Chacksfield, 1914年5月9日 - 1995年6月9日)は、イギリス生まれの音楽家。

人物・来歴[編集]

1954年ロバート・マクスウェル (en) 作曲の「引き潮」を、冒頭と最後に浜辺の渚の音とかもめの鳴き声を入れて、独自のストリング・アレンジを施して発売。英デッカffrrの優秀録音も手伝い、全英、全米でヒットチャートの第1位となる(現在発売されているCDは、1964年に再録音されたステレオ・ヴァージョンの方が収められている。オリジナル・モノラル録音は、iTunes Storeにてネットダウンロードにて入手可能)。他にも、チャーリー・チャップリン主演の映画音楽「ライムライト」を独自のアレンジで大ヒットさせたことでも知られている。 1964年以降は、英デッカの新しい4トラックマルチステレオ録音手法「フェイズ4」を使ったアルバムを多数発表した。 1972年オーケストラとして初来日。

おもな楽曲[編集]

関連項目[編集]