フランクリン・スースリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランクリン・スースリー
Franklin Sousley
Franklin Sousley.jpg
生誕 1925年9月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州 ヒルトップ英語版
死没 (1945-03-21) 1945年3月21日(19歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国
東京都硫黄島村硫黄島
所属組織 Seal of the United States Marine Corps.svgアメリカ海兵隊
軍歴 1943 - 1945
最終階級 海兵隊上等兵
テンプレートを表示

フランクリン・スースリー(英語: Franklin Sousley1925年9月19日 - 1945年3月21日)は、アメリカ海兵隊の軍人。硫黄島の戦いで擂鉢山に星条旗を掲げた6人の兵士の1人である。

経歴[編集]

1925年9月19日、フランクリン・スースリー(以下「スースリー」と言う)はケンタッキー州ヒルトップの農家に生まれる。スースリー家は3歳の時に兄、9歳の時に父を失い、母と妹と3人家族となる。そのため生活は厳しく、スースリーは1942年高校を卒業するとオハイオ州デイトンの工場に就職している。1944年1月、スースリーのもとに陸軍から召集令状に届くが、スースリーは陸軍には入らず海兵隊を志願した。

硫黄島の戦い[編集]

1944年1月5日に海兵隊に入隊。スースリーは第5海兵師団所属となった。3月から半年間ペンドルトン基地で訓練を行い、部隊は9月19日にサン・ディエゴを出港する。10月ハワイ島タラワ基地に到着して、ここで更に実戦的な訓練を行った。

1945年1月、スースリーの部隊は硫黄島の戦いに参加すべくタラワ基地を出発した。途中のテニアン島で上陸演習を行った後、2月19日にスースリーは硫黄島に上陸を果たす。上陸から3日後の1945年2月23日アイラ・ヘイズマイク・ストランクジョン・ブラッドリーハーロン・ブロックレイニー・ギャグノンらと共にスースリーは硫黄島南部の擂鉢山山頂に星条旗を掲げた。

戦死[編集]

1945年3月21日午後2時半、スースリーは日本軍狙撃手に背後から銃撃された。スースリーは自分の背中を叩いてからその場に倒れ、近くの戦友に「ひどくはない。何も感じないからな」"Not bad, I can't feel a thing." [1]と答えたが、そのまま意識を失い死亡した。中隊が硫黄島を離れる5日前の出来事であった。

スースリーの遺体は一旦は硫黄島の共同墓地に埋葬されたが、のちに本国に移され、1947年5月8日に故郷の墓地に埋葬された。

フランクリン・スースリーを演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 『硫黄島の星条旗』、pp402