フサザクラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フサザクラ科
Euptelea polyandra 0904.JPG
フサザクラ Euptelea polyandra
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: フサザクラ科 Eupteleaceae
K. Wilh., nom. cons.
: フサザクラ属 Euptelea
Sieb. & Zucc.[1]
  • フサザクラ E. polyandra Sieb. et Zucc.
  • E. pleiosperma Hook.f. et Thomson

フサザクラ科(ふさざくらか、Eupteleaceae)は双子葉植物の科。

属および種[編集]

フサザクラ属 (Euptelea) 1属からなる落葉高木で、日本(本州から九州)に自生するフサザクラ(房桜、Euptelea polyandra)と、中国南部からアッサムに自生するEuptelea pleiosperma の、2種(および両者の人工的雑種)からなる。

特徴[編集]

は両性で、花被はなく、多数の雌蕊と雄蕊からなる。フサザクラは3-4月頃、葉が出る前に開花し、紅色の雄蕊のやくが房状に垂れ下がって美しい。雌蕊はゴルフのクラブ状で雄蕊より短い。果実は偏平で周囲が翼状になり、風で飛ぶ。 葉の形は先端のとがった円形で不揃いな鋸歯があり、葉柄は長く互生する[2]

稚樹の耐陰性が弱い陽樹であり、他の樹木と競合の少ない急傾斜地に適応した特徴を持つ[2]。その一つとして、主幹が土砂の移動などによって倒れても根が残りやすく、根元に生えている多くの萌芽枝に栄養を振り替えることで、萌芽枝が次代の主幹となって成長する萌芽再生の能力がある[2]。また、重力によって主幹が水平方向に寝てしまうと、垂直方向に生えていた枝が主幹のように太くなり、垂直方向への成長を維持する。主幹の交代が終わると、それまで主幹だった幹は枯れて腐り落ちる[2]

APG植物分類体系ではキンポウゲ目に入れる。

フサザクラ[編集]

フザザクラ(房桜、学名:Euptelea polyandra)は、フサザクラ科フサザクラ属の落葉高木。別名、タニザワともよばれる[3]和名フサザクラの由来は、短枝に花が房状につくのでこの名がついたと言われるが、サクラとは別のなかまである[3]日本本州四国九州に分布し、山地の谷沿いなどの湿気の多いところに自生する[3]。樹高は15メートルほどになる[3]。花期は3 - 4月。葉より先に暗紅色の花をつける。花の形は独特で、花弁もなく、多数の雄蕊雌蕊からなり垂れ下がる[3]。雄蕊のは長さ6 - 7ミリメートルで、暗紅色でよく目立つ[3]互生し、長さ6 - 12センチメートルの広卵形で先端が尖り、葉縁鋸歯がある[3]。果期は9 - 11月。果実翼果で、偏平な翼状で多数つき、風で飛ばされて飛散する[3]

脚注[編集]

  1. ^ "(属名) Euptelea". Germplasm Resources Information Network (GRIN) online database (英語). 2012年8月20日閲覧
  2. ^ a b c d 渡辺一夫 『イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか:樹木の個性と生き残り戦略』 築地書館 2009 ISBN 9784806713937 pp.118-124.
  3. ^ a b c d e f g h 西田尚道監修 学習研究社編 2000, p. 28.

参考文献[編集]

  • 西田尚道監修 学習研究社編 『日本の樹木』学習研究社〈増補改訂ベストフィールド図鑑 5〉、2000年4月7日、28頁。ISBN 978-4-05-403844-8