フォゴ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フォゴ島
Fogo
Fogo, Cape Verde Islands.jpg
フォゴ島の衛星写真。なお、中央部に見えるフォゴ山のカルデラの直径は約9 kmである。
面積 476[1] km²
最高標高 2,829 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 カーボベルデの旗 カーボベルデ
テンプレートを表示
カーボベルデ国内における、フォゴ島の位置。

フォゴ島Fogo)は、カーボベルデソタヴェント諸島の島。フォゴとは、ポルトガル語で『火、炎』を意味する。成層火山であるフォゴ山からなる島である。

地理[編集]

サン・フェリペの町並み。

フォゴ島は、サンティアゴ島ブラヴァ島の間に位置する。事実上、島全体が周期的に活動する活火山となっている。最近噴火したのは1995年で、ピコ・レケノという新たなクレーターが出現した。カルデラは最大9kmの幅があり、外縁は1kmの高さがある。カルデラは東部のへりに裂け目があり、巨大な山頂部は中央部にある。円錐形の中央は島の最高点であり、山頂はカルデラの外縁より100mほど高い。火口からの溶岩は、島東海岸に達する。

シャ・ダス・カルデイラスという小村が火山観察基地として存在し、噴火の間周期的に住民は村を明け渡している。

島の行政中心地は、空港の近いサン・フェリペである。サン・フェリペは1480年代に初めて定住がされ、島全体は農業が主要産業である。サン・フェリペにある建物は、古典的なポルトガル植民地時代の建物である。島第2の町は、北東のモステイロスである。

フォゴの南西には肥沃な土地が広がる。北と東は斜めである。島全体が、カダモスト海山と呼ばれる海山である。周辺の海は、海岸から5km離れた距離に5,300mほどの深さとなる。西部を除いて、さらに西のブラヴァ島の別の海山とつながる。

北東部の丘陵地帯は、1年を通して緑で草に覆われている。山は乾燥した不毛の土地である。カーボベルデ南端の島の1つであるフォゴ島は、国で最高の降雨がある。小川と渓流は年中乾いている。

サン・フェリペにある建物は、古典的なポルトガル植民地時代の建物である。

1680年には、激しい噴火が起きた。100km離れた場所で、数年もの間山が見えたほどだった。この噴火によって、島はフォゴという名をつけられたのである。

歴史[編集]

フォゴ島の3Dイメージ。

フォゴ島は、1460年にジェノヴァ人航海者アントニオ・ノリに発見され、サン・フェリペ島と名付けられた。

1500年、ポルトガル人が入植した。島は奴隷貿易に利用された。1850年に移民受け入れを始め、主に北アメリカから人々がやってきた。1910年10月5日革命で貴族が追放され、大土地所有者らはポルトガル本国へ帰国し市民権を手放した。

言語[編集]

ポルトガル語が公用語であるが、人々が日常話しているのはカーボベルデ・クレオール語のフォゴ方言である。

経済[編集]

島の経済は、農業と漁業に依存している。コーヒーとワインが生産品である。多くの住民の家庭は、アメリカ合衆国やその他の国へ移住していった人々からの送金でなりたっている。外国へ移住した旧フォゴ島民は、もはや互いの顔が分からなくなっても、島に残った親戚へいくらかの送金をおこなっているのである。観光が徐々に人気を集めている。島の目玉は火山だが、多くの訪問者は親戚に会うためにもやってくる。サン・フェリペと、シャ・ダス・カルデイラスに観光客が集中する。

基礎自治体[編集]

教区および自治体[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.caboverde.com/ilhas/fogo/guide-i.htm

外部リンク[編集]