フィブリノゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フィブリノゲン英語: Fibrinogen)は、血漿タンパクの1つであるフィブリンの前駆物質。肝臓で生成され血漿内に存在し、トロンビンの作用によりフィブリンへ変化して、二次止血の役割を果たす。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、フィブリノゲンに関するカテゴリがあります。