コンテンツにスキップ

フィブリノゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Fibrinogen alpha/beta chain family
crystal structure of native chicken fibrinogen with two different bound ligands
識別子
略号 Fib_alpha
Pfam PF08702
InterPro IPR012290
SCOP 1m1j
SUPERFAMILY 1m1j
利用可能な蛋白質構造:
Pfam structures
PDB RCSB PDB; PDBe; PDBj
PDBsum structure summary
テンプレートを表示
Fibrinogen alpha C domain
識別子
略号 Fibrinogen_aC
Pfam PF12160
InterPro IPR021996
利用可能な蛋白質構造:
Pfam structures
PDB RCSB PDB; PDBe; PDBj
PDBsum structure summary
テンプレートを表示
識別子
略号 Fibrinogen_C
Pfam PF00147
Pfam clan CL0422
InterPro IPR002181
PROSITE PDOC00445
SCOP 1fza
SUPERFAMILY 1fza
利用可能な蛋白質構造:
Pfam structures
PDB RCSB PDB; PDBe; PDBj
PDBsum structure summary
テンプレートを表示

フィブリノゲン英語: Fibrinogen)は、血漿タンパクの1つであるフィブリンの前駆物質。肝臓で生成され血漿内に存在し、トロンビンの作用によりフィブリンへ変化して、二次止血の役割を果たす。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、フィブリノゲンに関するカテゴリがあります。