フィカイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィカイン
Ficain
識別子
EC番号 3.4.22.3
CAS登録番号 9001-33-6
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
テンプレートを表示

フィカイン(Ficain、EC 3.4.22.3)またはフィシン(Ficin)は、イチジクラテックスに由来する酵素である[1][2]パパイヤ由来のパパインパイナップル由来のブロメリンと同じ、システインエンドペプチダーゼとして知られるプロテアーゼに分類される。多くの血液型の識別に最も良く用いられる物質の1つである。

イチジクの果皮や果皮のすぐ内側の白いパルプ質の部分を食べた時、火傷したような痛みや痒さを感じることが良くある。これは、特に果実が未熟な時には、果実のラテックスに含まれるフィカインのせいである。

出典[編集]

  1. ^ Liener, I.E. and Friedenson, B. (1970). “Ficin”. Methods Enzymol. 19: 261-273. doi:10.1016/0076-6879(70)19020-3. 
  2. ^ Brocklehurst, K., Willenbrock, F. and Salih, E. (1987). “Cysteine proteinases”. In Neuberger, A. and Brocklehurst, K.. New Comprehensive Biochemistry: Hydrolytic Enzymes. Amsterdam: Elsevier. pp. 39-158 

外部リンク[編集]