ピョートル・ボロトニコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
陸上競技
オリンピック
1960 ローマ 男子 10000 m

ピョートル・ボロトニコフ (ロシア語:Пётр Григорьевич Болотников、ローマ字:Pyotr Grigorevich Bolotnikov、1930年3月8日 - 2013年12月20日)は、旧ソビエト連邦の陸上競技選手。1960年代前半に活躍した長距離選手。1960年ローマオリンピックの男子10000m金メダリストである。ロシア連邦モルドヴィア共和国出身。

経歴[編集]

ボロトニコフが長距離ランナーになったのは遅く、20歳で軍隊に入隊してからである。スパルタクに所属しトレーニングを開始した。

ボロトニコフは、1956年のメルボルンオリンピックに出場しているが5000mで9位、10000mで16位という成績であった。その後力をつけ、1957年には10000mで、前年のメルボルンの5000m、10000mで2冠を達成したウラジミール・クーツを10分の2秒差下し初めての国内タイトルを獲得。翌年からボロトニコフは6年連続5000m、10000mの2種目制覇を果たす。

ボロトニコフは、1960年ローマオリンピックには10000mに出場。レースは終始ボロトニコフがコントロールし、ドイツハンス・グロドッキニュージーランドマレー・ハルバーグといった強豪を抑え完勝した。さらに同年の10月5日には、キエフで行われた10000mのレースで、クーツが持っていたそれまでの記録を約12秒更新する28分18秒8の世界新記録を樹立した。

1962年のヨーロッパ選手権の2週間前の8月11日、モスクワで行われた10000mのレースで、自身の世界記録を0.6秒更新する28分18秒2の世界新記録を達成。ヨーロッパ選手権においても、10000mは余裕で優勝を果たす。しかし5000mでは3位という結果に終わった。

ボロトニコフは、1964年にも国内選手権の10000mを制し、東京オリンピックに出場を果たすが、26位と惨敗。翌1965年に現役を引退した。

世界新記録[編集]

  • 10000m - 28分18秒8 (1960年10月5日、キエフ)
  • 10000m - 28分18秒2 (1962年8月11日、モスクワ)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1956 オリンピック メルボルン(オーストラリア) 5000m 9位 14分22秒4
1956 オリンピック メルボルン(オーストラリア) 10000m 16位 TNT
1960 オリンピック ローマ(イタリア) 10000m 1位 28分32秒2
1962 ヨーロッパ陸上選手権 ベオグラード(ユーゴスラビア) 5000m 3位 14分02秒6
1962 ヨーロッパ陸上選手権 ベオグラード(ユーゴスラビア) 10000m 1位 28分54秒0
1964 オリンピック 東京(日本) 10000m 25位 30分52秒8
  • TNTはタイム計測せず

外部リンク[編集]