ピョートル・コシェヴォーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピョートル・キリーロヴィチ・コシェヴォーイロシア語:Пётр Кириллович Кошевой, 1904年12月21日 - 1976年8月30日)は、ソ連の軍人。ソ連邦元帥ソ連邦英雄(2度)。

経歴[編集]

ウクライナアレクサンドリヤ市出身。ウクライナ人。1920年から赤軍に入隊し、ロシア内戦に従軍。1927年に騎兵学校、1939年にM.V.フルンゼ名称軍事アカデミーを卒業。

独ソ戦時、1941年11月から第65狙撃師団長となり、チフヴィン作戦に参加。1942年7月から第24親衛狙撃師団長(ヴォルホフ、スターリングラード、南部戦線)。1943年8月から第63狙撃軍団長(第4ウクライナ戦線)となり、クリミアの解放に参加。1944年4月16日、セヴァストポリ奪取の功績に対して、ソ連邦英雄の称号とレーニン勲章が授与された。

1944年5月から第71狙撃軍団長(第3ウクライナ戦線)となり、白ロシアとバルト諸国の占領に参加。1945年1月から第36親衛狙撃軍団長となり、東プロシア作戦、ケーニヒスベルクの奪取に参加。1945年4月19日、ケーニヒスベルク奪取の功績に対して、2つ目のソ連邦英雄称号を授与された。

戦後、軍団長、軍司令官を歴任。1948年、参謀本部軍事アカデミー附属高等学術課程を修了。1957年~1960年、シベリア軍管区司令官、1960年~1965年、キエフ軍管区司令官。1965年~1969年、駐独ソビエト軍集団総司令官。1969年からソ連国防省監察総監。

退役後、モスクワに居住し、1976年8月30日に死去。モスクワに埋葬。

ソ連邦英雄(2度)。レーニン勲章5個、十月革命勲章赤旗勲章3個、一等ボグダン・フメリニツキー勲章二等スヴォーロフ勲章二等クトゥーゾフ勲章2個を受賞。

故郷のアレクサンドリヤ市には銅像が立てられ、広場と通りに名前が付けられた。