ピエール・シェンデルフェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピエール・シェンデルフェール
ピエール・シェンデルフェール
ピエール・シェンデルフェール
本名 Pierre Schoendoerffer
生年月日 (1928-05-05) 1928年5月5日
没年月日 (2012-03-14) 2012年3月14日(83歳没)
出生地 フランスの旗 フランス共和国
ピュイ=ド=ドーム県シャマリエール
死没地 フランスの旗 フランス
パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督
ジャンル 軍事映画
活動期間 1958年 - 2004年
著名な家族 フレデリック・シェンデルフェールルドヴィク・シェンデルフェール(子息)
主な作品
La Passe du diable

ピエール・シェンデルフェール(Pierre Schoendoerffer, 1928年5月5日 - 2012年3月14日)は、フランス脚本家映画監督作家。映画監督フレデリック・シェンデルフェールと俳優ルドヴィク・シェンデルフェールの父。

経歴・人物[編集]

1928年5月5日、フランス・ピュイ=ド=ドーム県シャマリエールに生まれる。

1940年代、まだ10代のころに商業船で働く。アヌシーの工業高校に寄宿生だった第二次世界大戦中、ジョゼフ・ケッセルの小説『Fortune carrée(映画『風雲の鬼将軍 四角い帆』の原作)』を読んだことが彼に勇気を与え、「真の人生」の道を彼に指し示した。すべて水夫になる彼の夢のために、当時まだ海を見たことなど一度もなかったのだが、トロール漁の帆船に乗り込み、そして軍の映画局に勤めることになる。

その後、インドシナ戦争で3年間、記録映画製作に取り組む。週刊グラフ誌『パリ=マッチ Paris Match』の記者として、1955年モロッコでの革命、ラオスアルジェリア戦争をレポートする。ディエンビエンフーの戦い1954年3月 - 5月)の後に捕虜にされ、共産主義のプロパガンダのために戦争を撮影していたソ連シネアストロマン・カルメンが、彼に最悪なものをもたらした。

1959年10月9日ジョゼフ・ケッセル脚本、共同監督ジャック・デュポンによる長編ドキュメンタリー映画『La Passe du diable』(1956年 - 1958年)が公開され、監督としてデビューする。撮影監督ラウール・クタール、プロデューサージョルジュ・ド・ボールガール。同年、ピエール・ロティの小説を原作にとった映画『Ramuntcho(ラムンチョ) 』、『Pêcheur d'Islande(氷島の漁夫)』を2本連打する。いずれも撮影はクタール、製作はド・ボールガール。『Pêcheur d'Islande』の音楽はシャルル・アズナヴール

1965年3月31日、長編映画『317小隊』(1964年)が公開、原作・脚本・監督シェンデルフェール、撮影はクタール、製作はド・ボールガール。主演はジャック・ペラン。その後ペランは常連化し、シェンデルフェールの息子フレデリックの監督作にも協力している。

1976年、小説家として、小説『クラブタンブール』でアカデミー・フランセーズ小説大賞を受賞。翌年みずからの手で映画化。

2012年3月14日、パリ郊外の病院にて永眠[1]。83歳没。

フィルモグラフィー[編集]

小説[編集]

表彰[編集]

脚註[編集]

外部リンク[編集]