ビル・バロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビル・バロン
生誕 (1927-03-27) 1927年3月27日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルバニア州フィラデルフィア
死没 (1989-09-21) 1989年9月21日(62歳没)
担当楽器 テナー・サックス、ソプラノ・サックス
レーベル Savoy,SteepleChase,Muse,Chiaroscuro

ビル・バロン(Bill Barron、1927年3月27日 - 1989年9月21日)は、アメリカジャズテナー・サックス、ソプラノサックス奏者[1]

略歴[編集]

アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。

1959年のセシル・テイラーの録音で最初に登場したが、後にフィリー・ジョー・ジョーンズと共に広範囲の録音に現れ、ポスト・バップのカルテットでテッド・カーソンと共同で牽引して来た。ビル・バロンの弟にピアニストのケニー・バロンがいたが、ビル・バロンが率いるセッションすべてにケニー・バロンが参加している[1][2]。ビル・バロンが録音する際の共演者はチャールス・ミンガスが挙げられる。

ビル・バロンはブルックリンの子供のためのジャズ・ワークショップを監督し、ニューヨーク市立大学で教え、ウェズリアン大学(Wesleyan University)音楽学部学部長に就任した[1]サヴォイで1972年に録音したジャズ・アルバムがサヴォイ最後のジャズ・アルバムとなり[1]、ミューズでも録音した。 ビル・バロン・コレクションはラトガース大学図書館ジャズ研究所に収容されている[1]

アメリカ・コネチカット州ミドルタウンで死去。

ディスコグラフィー[編集]

リーダー作アルバム[編集]

  • The Tenor Stylings of Bill Barron (1961)
  • Nebulae (Savoy, 1961)
  • Modern Windows (1961)
  • The Leopard (Chiaroscuro Records, 1962)
  • Hot Line (1962)
  • West Side Story Bossa Nova (1963)
  • Motivation (1972)
  • Jazz Caper (1978)
  • Variations in Blue (1984)
  • The Next Plateau (1987)
  • Higher Ground (1989)

参加アルバム[編集]

Cecil Taylor

  • Love for Sale (1959)
  • In Transition (1975)

Philly Joe Jones

  • Showcase (1959)
  • Philly Joe Jones Showcase (1960)

Ted Curson

  • Plenty of Horn (1961)
  • Tears for Dolphy (1964)
  • Now Hear This (1964)
  • Flip Top (1964)
  • The New Thing and the Blue Thing (1965)

Charles Mingus

  • Pre-Bird (1960)
  • Mingus Revisited (1960)

Sam Rivers

  • Crystals (1974)

Kenny Barron

  • Lucifer (1975)

リファレンス (参考)[編集]


この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます