ケニー・バロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケニー・バロン
Kenny Barron
Kenny Barron Oslo Jazzfestival 2018 (221007).jpg
ケニー・バロン(2018年)
基本情報
出生名 Kenneth Barron
生誕 (1943-06-09) 1943年6月9日(78歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1960年代 -
公式サイト www.kennybarron.com

ケニー・バロンKenny Barron1943年6月9日 - )は、アメリカのジャズ・ピアニストである。何百ものレコーディングにリーダーおよびサイドマンとして参加しており、ビバップ時代から最も影響力のある主流ジャズ・ピアニストの1人と考えられている[1][2][3]

略歴[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれたケニー・バロンは、テナー・サックス奏者ビル・バロン(1927年–1989年)の弟。最初に行ったギグの1つは、ディジー・ガレスピー・カルテットのピアニストとしてであった。バロンは1962年頃、「ジャズテット (The Jazztet)」のメンバーとなったが、彼らとは録音を残していない[4]

1978年にエンパイア・ステート・カレッジ(ニューヨーク・メトロポリタンセンター)で芸術の学士号を取得して卒業した。

1982年には「スフィア」というグループ、また2000年代には「クラシカル・ジャズ・カルテット」を、共同で率いている[1]

1987年から1991年の間に、バロンはスタン・ゲッツといくつかのアルバムをレコーディングした。最も有名なのは、アルバム『ヴォェジ (Voyage)』、『ボサ&バラード - ロスト・セッション』、『Serenity』、『ステラ・バイ・スターライト ライヴ・アット・モンマルトル (Anniversary!)』、『ピープル・タイム』2枚組CDセットである。

彼はグラミー賞に9回、またアメリカ・ジャズの殿堂にノミネートされている。2009年にアメリカ芸術科学アカデミーのフェローに選出された[5]

2010年5月、バロンは、アフリカ生まれのシンガーソングライターであるアンジェリーク・キジョー、スペインのギタリストであるパコ・デ・ルシアソングライター・デュオのレオン・ハフ & ケネス・ギャンブルと共に、バークリー音楽大学から音楽名誉博士号を授与された[6]

バロンは25年以上にわたり、ニュージャージー州のラトガース大学でピアノとキーボードのハーモニーについてを教えていた。現在、ジュリアード音楽院で教壇に立っている。彼のピアノの生徒には、アール・マクドナルド[7]、ハリー・ピケンズ、アーロン・パークスなどがいる[8]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ユー・ハド・ベター・リッスン』 - You Had Better Listen (1967年、Atlantic) ※with ジミー・オーウェンズ
  • 『サンセット・トゥ・ドーン』 - Sunset to Dawn (1973年、Muse)
  • Peruvian Blue (1974年、Muse)
  • Lucifer (1975年、Muse)
  • 『イノセンス』 - Innocence (1978年、Wolf)
  • 『トゥゲザー』 - Together (1978年、Denon) ※with トミー・フラナガン
  • 『イン・タンデム』 - In Tandem (1980年、Muse) ※with テッド・ダンバー
  • Golden Lotus (1982年、Muse)
  • 『アット・ザ・ピアノ』 - Kenny Barron at the Piano (1982年、Xanadu)
  • 『いもライヴ』 - Imo Live (1982年、Whynot) ※Kenny Barron Trio名義
  • 『スパイラル』 - Spiral (1982年、Baybridge)
  • Green Chimneys (1983年、Criss Cross Jazz)
  • 『ランドスケイプ』 - Landscape (1984年、Baystate)
  • Autumn in New York (1984年、Uptown) ※『New York Attitude』として再発あり
  • 『スクラッチ』 - Scratch (1985年、Enja)
  • 『1+1+1』 - 1+1+1 (1986年、BlackHawk) ※with ロン・カーターマイケル・ムーア
  • 『ホワット・イフ?』 - What If? (1986年、Enja)
  • Two as One (1986年、Red) ※with バスター・ウィリアムス
  • 『ザ・レッド・バロン・デュオ』 - The Red Barron Duo (1988年、Storyville) ※with レッド・ミッチェル
  • 『ライヴ・アット・ファット・チューズデイ』 - Live at Fat Tuesdays (1988年、Enja)
  • 『リズム・エー・ニング』 - Rhythm-a-Ning (1989年、Candid) ※with ジョン・ヒックス
  • The Only One (1990年、Reservoir)
  • Invitation (1990年、Criss Cross Jazz)
  • 『スプリング・イズ・ヒア』 - Live at Maybeck Recital Hall Volume Ten (1991年、Concord Jazz)
  • 『レムリア』 - Lemuria-Seascape (1991年、Candid) ※Kenny Barron Trio名義
  • 『クイックステップ』 - Quickstep (1991年、Enja) ※Kenny Barron Quintet名義
  • 『テンダリー』 - Confirmation (1991年、Candid) ※with バリー・ハリス
  • 『サンバオ』 - Sambao (1992年、Verve)
  • 『ピープル・タイム』 - People Time (1992年、EmArcy) ※with スタン・ゲッツ
  • 『アザー・プレイセス』 - Other Places (1993年、Verve)
  • 『ザ・モーメント』 - The Moment (1994年、Reservoir) ※Kenny Barron Trio名義
  • 『ワン・フィンガー・スナップ』 - Wanton Spirit (1994年、Verve) ※with ロイ・ヘインズチャーリー・ヘイデン
  • 『スワンプ・サリー』 - Swamp Sally (1995年、Verve) ※with ミノ・シネル
  • 『シングズ・アンシーン』 - Things Unseen (1997年、Verve)
  • 『ナイト・アンド・ザ・シティ』 - Night and the City (1998年、Verve) ※with チャーリー・ヘイデン
  • 『スピリット・ソング』 - Spirit Song (1999年、Verve)
  • 『フリーフォール』 - Freefall (2000年、Verve) ※with レジーナ・カーター
  • 『ライヴ・アット・ブラッドレイズ』 - Live at Bradley's (2001年、EmArcy) ※Kenny Barron Trio名義
  • 『カンタ・ブラジル』 - Canta Brasil (2002年、Sunnyside)
  • 『イメージズ』 - Images (2003年、Sunnyside) ※Kenny Barron Quintet名義
  • 『ピース』 - Peace (2003年、DIW) ※with ジョルジュ・ロベール
  • 『スーパー・スタンダード』 - Super Standard (2004年、Venus) ※スーパー・トリオ名義
  • 『ライヴ・アット・ブラッドレイズ2 - ザ・パーフェクト・セット』 - Live at Bradley's II (2005年、Universal) ※Kenny Barron Trio名義
  • 『トラヴェラー』 - The Traveler (2007年、Sunnyside)
  • 『マイナー・ブルース』 - Minor Blues (2009年、Venus) ※Kenny Barron Trio名義
  • Kenny Barron & the Brazilian Knights (2012年、Sunnyside)
  • 『ビューティフル・ラヴ』 - Beautiful Love - The Excellent Jazz Standards Collection Vol. 1 (2013年、Eighty-Eight's)
  • 『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』 - My Funny Valentine - The Excellent Jazz Standards Collection Vol. 2 (2013年、Eighty-Eight's)
  • The Art of Conversation (2014年、Impulse!) ※with デイヴ・ホランド
  • 『グッド・ライフ!』 - Coming Home (2014年、GPR Recordings) ※with ジョルジュ・ロベール
  • 『ブック・オブ・イントゥイション』 - Book of Intuition (2016年、Impulse!) ※Kenny Barron Trio名義
  • Concentric Circles (2018年、Blue Note) ※Kenny Barron Quintet名義
  • 『アート・オブ・ザ・ピアノ・デュオ - ライヴ』 - Live - The Art Of Piano Duo (2019年、Groovin' High) ※with マルグリュー・ミラー

出典:[9][10]

スフィア[編集]

  • 『フォア・イン・ワン』 - Four in One (1982年)
  • Flight Path (1983年)
  • Sphere On Tour (1985年)
  • Live at Umbria Jazz (1986年) ※後に『Pumpkin's Delight』として再発
  • Four for All (1987年)
  • Bird Songs (1988年)
  • 『スフィア』 - Sphere (1997年)

クラシカル・ジャズ・カルテット[編集]

  • Tchaikovsky's Nutcracker (2001年、Vertical Jazz) ※『The Classical Jazz Quartet Play Tchaikovsky』 (2006年)として再発あり
  • The Classical Jazz Quartet Play Bach (2002年、Vertical Jazz)
  • The Classical Jazz Quartet Play Rachmaninov (2006年、Kind of Blue)
  • Christmas (2006年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b arwulf arwulf. “Allmusic biography”. AllMusic. 2014年11月22日閲覧。
  2. ^ Rizzo, Gene (5 March 2005). “Kenny Barron”. 50 Greatest Jazz Piano Players of All Time. Hal Leonard Corporation. p. 143. ISBN 9780634074165. https://books.google.com/books?id=DizcyHFrgu4C&q=kenny+barron 2013年1月18日閲覧。 
  3. ^ Yanow, Scott (2001). “Kenny Barron”. All Music Guide: The Definitive Guide to Popular Music. Hal Leonard Corporation. p. 1152. ISBN 9780879306274. https://books.google.com/books?id=xR7MdpuSlAEC&q=kenny+barron 2013年1月18日閲覧。 
  4. ^ Blumenthal, Bob (2004) In The Complete Argo/Mercury Art Farmer/Benny Golson/Jazztet Sessions (CD liner notes). p. 12. Mosaic.
  5. ^ Book of Members, 1780-2010: Chapter B”. American Academy of Arts and Sciences. 2011年5月17日閲覧。
  6. ^ Aubrey Everett, "Several Jazz Artists Honored at Berklee Commencement", JazzTimes, May 15, 2010.
  7. ^ Wanton Spirit”. Vervemusicgroup.com. 2014年11月22日閲覧。
  8. ^ Kugiya, Hugo (2010年6月15日). “Jazz pianist Aaron Parks is back on the farm — the James Farm”. The Seattle Times. オリジナルの2011年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110622101202/http://seattletimes.nwsource.com/html/musicnightlife/2012125758_aaronparks16.html 
  9. ^ Kenny Barron Discography”. MTV. mtv.com. 2017年1月19日閲覧。
  10. ^ Kenny Baron catalogue”. Jazzdisco. jazzdisco.org. 2017年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]