ビルコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビルコム株式会社
BILCOM,Inc
ビルコム株式会社のコーポレートロゴ
種類 株式会社
略称 ビルコム
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー11F
設立 2003年10月8日
業種 サービス業
法人番号 4010401062428
事業内容 企業・団体のマーケティング部、広報宣伝部に対するPR支援サービス(PR会社)
代表者 代表取締役兼CEO 太田滋
資本金 1,000万円
従業員数 41名(2014年1月1日現在)
外部リンク http://www.bil.jp/
テンプレートを表示

ビルコム株式会社(英称:BILCOM, Inc.)は、デジタルPR、戦略PRコンサルティングを提供するPR会社。東京都港区六本木に本社を置く。

統合型デジタルマーケティング、データドリブンPR、デジタルPR、戦略PRなどマーケティング支援領域でのPRに強みを持ち、定量・定性情報に基づくコミュニケーションサービスを提供。創業以来、大手・外資企業、IT 系企業、ヘルスケア、団体・自治体、学校など幅広い業界を担当している。

概要[編集]

2003年10月創業。設立当初は攻めのPRを標榜し、戦略構築から企画実行までを手がけるPR会社として成長。

2008年に提供を開始したWebPRでは、世界三大広告賞(カンヌ国際広告祭クリオ賞One Show)を受賞したユニクロのUNIQLOCKのPRを手がける。またカンヌ国際広告祭においてPR Lionを受賞した相模ゴム工業のLOVEDISTANCEなどのWebキャンペーンのPRも担当。その後もUNIQLO CALENDARのPRなどを担当する。

2010年にはタブレット端末事業を立ち上げる。iPad アプリ企画制作、集客、運用支援サービス「iPad ブランドマガジン」において、クリニーク ラボラトリーズ協和発酵キリン株式会社はじめサービス提供を行う。このうちクリニーク ラボラトリーズ「Smile」はiPadアプリとしては初めて2010年グッドデザイン賞を受賞。

また2011年4月に六本木へオフィス移転。

2015年、業界に先がけネイティブアドソリューション「Boom Booster」[1]提供開始

2016年、国内初オウンドメディア向け熟読率計測ツール「Content Analyzer」[2]提供開始

加盟団体[編集]

  • 社団法人 日本マーケティング協会
  • 社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会
  • 一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会
  • 米国WOMMA (Word of Mouth Marketing Association)
  • WOMマーケティング協議会
  • 社団法人 日本パブリック・リレーションズ協会
  • 日本広報学会
  • 一般社団法人 日本ABC協会

主なクライアント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Boom Booster:ビルコム株式会社とログリー株式会社が業務提携して提供する良質なネイティブアドソリューション -2015年3月31日Markezine
  2. ^ Content Analyzer:ビルコム株式会社が独自開発した国内初となるオウンドメディア熟読率計測ツール -2016年1月26日日経産業新聞

関連書籍[編集]

  • 『WEB PRのしかけ方』 インプレスジャパン
    • 代表取締役兼CEO太田滋執筆
  • 『Twitterマーケティング』 インプレスジャパン
    • Director野崎耕司執筆

関連項目[編集]

外部リンク[編集]