ビスポーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビスポークは、特定の指示に基づいて注文された何らかのものを指す、英語形容詞bespoke」の音写。ビスポークは、個々の購入者の注文なり、嗜好、使用目的などに合わせて、既存のものを改変したり、新調することを意味する[1]

関連する表現[編集]

起源[編集]

単語としての「bespoke」は、「何かについて語る」という意味の動詞bespeak」に由来する。『オックスフォード英語辞典』(OED) に掲載されている1538年の初出例における意味は、「to speak for, to arrange for, engage beforehand: to ‘order’ (goods)(何かを求めて語る、何かを求めて調整する、予め関わる、商品を「注文」する)」となっている。形容詞の「bespoke」は、「ordered, commissioned, arranged for(注文された、指示された、何かを求めて調整された)」という意味で、1607年の初出とされている[6][7]

この言葉は、イギリス英語においてより頻繁に用いられ、例えば「bespoke jewellery」といった表現が見られる[8]アメリカ英語においては、「カスタム・カー (custom car)」(改造車)、「カスタム・バイク (custom motorcycle)」などのように「カスタム (custom)」がより頻繁に用いられる傾向がある。しかし、アメリカ英語においても、21世紀に入ってから「bespoke」の使用頻度が拡大しているとされており[9]、特に「ビスポーク・スーツ (bespoke suit) という表現が広まっている[10]

特定の使用例[編集]

一般的な言い回しとなっている例としては、次のようなものがある。

脚注[編集]

  1. ^ Custom Cobbling”. Vanity Fair. vanityfair.com (2012年6月6日). 2015年11月16日閲覧。
  2. ^ 【通じない英語】 オーダーメイド (order made)はネイティブが使わない和製英語”. Weblio (2015年2月13日). 2016年11月4日閲覧。
  3. ^ フルオーダーとイージーオーダー、パターンオーダーの違い”. お誂え洋服たなか. 2016年11月4日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ ビスポーク:Bespoke”. www.fashion-press.net. 2016年11月4日閲覧。
  6. ^ “Bespeak”. The Oxford English Dictionary (Oxford University Press). (1909年) 
  7. ^ “Bespoken”. The Oxford English Dictionary (Oxford University Press). (1909年) 
  8. ^ Joye, Paula (2012年6月22日). “Bespoke is the new black”. The Sydney Morning Herald. 2015年1月6日閲覧。
  9. ^ Google Ngrams search, 'bespoke' in American English”. 2016年11月4日閲覧。
  10. ^ Google Ngrams search, 'bespoke suit' in American English”. 2016年11月4日閲覧。

関連項目[編集]