ヒーローキッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒーローキッズ
We Can Be Heroes
監督 ロバート・ロドリゲス
脚本 ロバート・ロドリゲス
製作 ロバート・ロドリゲス
出演者 プリヤンカー・チョープラー
クリスチャン・スレーター
ペドロ・パスカル
サン・カン
ボイド・ホルブルック
Taylor Dooley
ヘイリー・ラインハート英語版
アンディー・ウォーケン英語版
YaYa Gosselin
Akira Akbar
撮影 ロバート・ロドリゲス
製作会社 Troublemaker Studios
配給 Netflix
公開 世界の旗2020年12月25日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 シャークボーイ&マグマガール 3-D
テンプレートを表示

ヒーローキッズ』(原題:We Can Be Heroes)は、2020年に公開されるアメリカ合衆国スーパーヒーロー映画。監督はロバート・ロドリゲスで、ロドリゲスは本作で製作・脚本・撮影監督も務める。『シャークボーイ&マグマガール 3-D』(2005年)の続編的作品として位置づけられている。

Netflixにて2020年12月25日に配信される予定[1]

あらすじ[編集]

地球のスーパーヒーローたちがエイリアンによって誘拐されたため、彼らの子どもたちは政府の隠れ家に匿われる。しかしミッシー・モレノは、スーパーヒーローであり彼女の父親でもあるマーカスを救うために、他の子どもたちと手を組み、謎めいた政府のベビーシッター、ミス・グラナダの元から逃げ出す。彼らは両親と世界を救うために各々のスーパーパワーを駆使して、互いに協力していく[1]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

上記キャストの他、J.J. Dashnaw(野坂尚也)がシャークボーイ役として出演する。なおDashnawは前作『シャークボーイ&マグマガール 3-D』で同役を演じたテイラー・ロートナーが登場するシーンが撮影できないため、マスクで顔を隠した姿で登場する[2]

日本語版[編集]

製作[編集]

企画[編集]

ロバート・ロドリゲスは、 Netflixのために自身のスタジオであるTroublemaker Studiosを通じて、本作の監督、製作、脚本の執筆を行うことにした[3][4]

キャスティング[編集]

本作にはプリヤンカー・チョープラークリスチャン・スレーターペドロ・パスカルとともに出演する[3][5]

撮影[編集]

主な撮影は2019年8月テキサスで始まった[5]

公開[編集]

本作は当初Netflixで2021年1月1日に配信される予定だったが[6]、2020年12月25日に繰り上げとなった。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]