ヒューゴ・ビルイェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒューゴ・ビルイェル

ヒューゴ・ビルイェルHugo Birger1854年1月12日 - 1887年6月17日)は、スウェーデンの画家である。

スウェーデン王立美術学校(en)予備課程時代の同級生には、カール・ラーションペール・エークストレムアーンシュト・ユーセフソン(en) がいる[1]

略歴[編集]

ストックホルムに生まれた。父親は版画出版の仕事をしていた[2]。1870年から1877年までスウェーデン王立美術院で学び、1877年に、留学の奨学金が与えられるロイヤル・メダルを受賞した[3]

1877年にパリへ留学し、1878年の夏は、スウェーデンの画家カール・ラーションとフランスの風景画家が集まったバルビゾンで過ごした。1879年にサロン・ド・パリに初めて出展した[4]。1880年には女性を描いた人物画を出展した。1881年からスペインを旅し、1882年にグラナダでMathilda Gadeaと結婚した。夫妻はパリやグレー=シュル=ロワンに滞在した後、グラナダに戻った。グラナダから北アフリカを訪れた。この旅で一連のスペインやアフリカの風景を描いた作品が生まれた[3]

その後もパリやスウェーデンのヨーテボリや海岸の町で作品を描き、サロン・ド・パリに出展を続けた[3]。1887年に健康を害し、パリからスウェーデンに戻る途中にヘルシンボリのホテルで没した。33歳であった。

主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トシュテン・グンナション「カール・ラーションの生涯と作品-概説」『カール・ラーション展』荒屋鋪透訳、19頁。
  2. ^ “Birger, Hugo” (Swedish). Svenskt biografiskt handlexikon. (1906). pp. 97–98. http://runeberg.org/sbh/a0096.html 2010年1月1日閲覧。. 
  3. ^ a b c “Birger, Hugo” (Swedish). Nordisk familjebok. Nordisk familjeboks förlags aktiebolag. (1905). pp. 445–446. http://runeberg.org/nfbc/0257.html 2010年1月1日閲覧。. 
  4. ^ Hugo Birger - Peterson” (Swedish). Konstnärslexikonett Amanda. Kultur1. 2010年1月1日閲覧。

参考文献[編集]