ヒステリー研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒステリー研究』(原題:Studien über Hysterie、英題:Studies on Hysteria)はジークムント・フロイトヨーゼフ・ブロイアーが執筆し、ドイツ1895年に出版された本である。1893年以降に執筆された入門的な内容の論文からなる本で、ブロイアーが治療にあたった症例アンナ・O(本名:ベルタ・パッペンハイム)や精神分析の発展に関する論文が含まれている。

ドイツ語版の全集『Sigmund Freud, Gesammelte Werke』では第1巻に収録され、英訳版の全集『The Standard Edition of the Complete Psychological Works of Sigmund Freud』と日本語訳版『フロイト全集』では第2巻に収録されている。

評価[編集]

出版後、『ヒステリー研究』は医学界の内外で大きな反響を集めた[1]。フロイトの伝記を執筆したアーネスト・ジョーンズによると、本書への反応の多くは批判的なものであったが、ハヴロック・エリスは好意的なコメントを寄せた。とはいえ、ウィーンの医学界では、「『ヒステリー研究』は詩を用いた心理学である。」という批判がなされた[2]

本書以降[編集]

フロイト自身が認めるように、ブロイアーの症例アンナ・Oは精神分析にとって大きな刺激となった[3]。1893年の暫定報告において、フロイトとブロイアーは、ヒステリー患者が早期に苦しめられていると指摘している[4]。しかし、『ヒステリー研究』の出版以後、フロイトはブロイアーのように治療に催眠を用いることには否定的になり、ヒステリーの原因となる性に重点を置くようになった[5]

フロイトが本書で用いた見立ての多く(象徴、退行など)は、後年の作品にも使用されている。また、本書におけるブロイアーの論考は1920年にフロイトが執筆した『快原理の彼岸』に大きな影響を与えた。

日本語訳[編集]

出典[編集]

  1. ^ Ernest Jones, The life and Work of Sigmund Freud (1964) p. 223-4
  2. ^ Ernest Jones, The life and Work of Sigmund Freud (1964) p. 224
  3. ^ Peter Gay, Freud (1989) p. 63
  4. ^ Peter Gay, Freud (1989) p. 71
  5. ^ Peter Gay, Freud (1989) p. 66-7 and p. 71