パーヴェル・シェレメト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パーヴェル・シェレメト、2014年

パーヴェル・グリゴーリエヴィチ・シェレメトロシア語: Па́вел Григо́рьевич Шереме́т1971年11月28日 - 2016年7月20日)は、ベラルーシ出身のジャーナリスト[1]

1990年代からアレクサンドル・ルカシェンコ政権に批判的な報道で知られた[1]。のちロシアへ移住し[1]、国営テレビ局チャンネル1 (ロシア)」で10年ほど記者を務めた[2]。次いで報道の自由を求めてウクライナ首都キエフへ居を移し、インターネット報道機関「ウクラインスカヤ・プラヴダウクライナ語版(ウクライナの真実)」およびFMラジオ放送局ラジオ・ヴェスチロシア語版」で5年勤務した[1][2]

2016年7月20日午前8時前、自宅から職場に向かうため乗用車を運転し始めた直後に、車内に仕掛けられていた爆発物が作動し即死した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]