パーティー・ナイトはダンステリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーティー・ナイトはダンステリア
Take Me Home Tonight
監督 マイケル・ドース英語版
脚本 ジャッキー・フィルゴ
ジェフ・フィルゴ
英語版
原案 トファー・グレイス
ゴードン・ケイウィン
製作 ジム・ウィテカー
ライアン・カヴァノー
スーザン・ボーウェン
製作総指揮 サラ・ボーウェン
ゴードン・ケイウィン
トファー・グレイス
ジム・ウィテカー
ダニー・ウルフ
出演者 トファー・グレイス
アンナ・ファリス
ダン・フォグラー
テリーサ・パーマー
音楽 トレヴァー・ホーン
主題歌 エディ・マネー英語版
テイク・ミー・ホーム・トゥナイト英語版
撮影 テリー・ステイシー英語版
編集 リー・ヘイキソール英語版
製作会社 イマジン・エンターテインメント
ローグ・ピクチャーズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 レラティビティ・メディア
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年3月4日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $23,000,000[1]
興行収入 $6,928,068[2]
テンプレートを表示

パーティー・ナイトはダンステリア』(原題:Take Me Home Tonight)は、2011年アメリカ合衆国レトロコメディ映画。監督はマイケル・ドース英語版、出演はトファー・グレイスアンナ・ファリスなど。エディ・マネー英語版の代表曲「テイク・ミー・ホーム・トゥナイト英語版」をモチーフとした作品である。日本ではビデオスルーとして、2011年11月2日DVD (レンタルのみ)が発売された。

ストーリー[編集]

1988年バブル時代のアメリカ。マットは、マサチューセッツ工科大学を卒業したが就職できず、レンタルビデオ店で自堕落なバイトの毎日を送っているごく普通の青年。彼はある日、偶然にも店を訪れた高校時代に片想いだった女性・トーリーと再会する。マットは見栄を張り、米国の一流金融企業「ゴールドマン・サックス」で働いていると彼女にウソをついてしまう。引っ込みがつかなくなった彼は、彼女も出席するパーティーの夜に親友のバリーとある暴挙を企てる。

キャスト[編集]

マット・フランクリン
演 - トファー・グレイス、声 - 杉山大
マサチューセッツ工科大学を卒業していながらバイト生活を送っている大人しい青年。
暗算が得意。
ウェンディ・フランクリン
演 - アンナ・ファリス、声 - 大浦冬華
マットの双子の姉(妹)。ケンブリッジ大学の大学院に出願。作家志望。
バリー・ネイサン
演 - ダン・フォグラー、声 - 勝杏里
マットの親友。マットからの電話がきっかけで自動車販売の仕事をクビに。
トリ・フレダーキング
演 - テリーサ・パーマー、声 - 本名陽子
マットが高校時代から片想いして来た女性。投資銀行実習生として勤務。
ビル・フランクリン
演 - マイケル・ビーン、声 - 相沢まさき
マットの父親。ロサンゼルス市警察の警官。
カイル・マスターソン
演 - クリス・プラット、声 - 阪口周平
ウェンディの恋人。金持ちのバカ息子。

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、113件の評論のうち高く評価しているのは27%にあたる31件にとどまり、平均で10点満点中4.56点を得ている[3]Metacriticによれば、28件の評論のうち高評価は5件、賛否混在は15件、低評価は8件、平均で100点満点中42点を得ている[4]

エピソード[編集]

恋人同士の役を演じたアンナ・ファリスクリス・プラットは実生活では夫婦である(2009年 - 2018年離婚)。

出典[編集]

  1. ^ Take Me Home Tonight (2011)” (英語). IMDb. 2012年4月22日閲覧。
  2. ^ Take Me Home Tonight (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月22日閲覧。
  3. ^ Take Me Home Tonight (2011)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年8月12日閲覧。
  4. ^ Take Me Home Tonight Reviews” (英語). Metacritic. 2019年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]