パリ写真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

パリ写真(パリしゃしん)とは、評論家 今橋映子が著作『〈パリ写真〉の世紀』(白水社、2003、ISBN 4560038945)の中で提唱した、パリとパリ人を撮った、写真ジャンル

本書ではウジェーヌ・アジェを起源として、彼の死の翌年、1928年の写真雑誌『ヴュ』の創刊から1980年代の「パリ写真」の絵葉書化による再ブームまでのあいだのストレートフォトグラフィを扱っている。

下記の通り、写真家の出生地は多様である。

パリ写真の写真家[編集]

関連項目[編集]