バンキャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バンキャ

Банкя
バンキャ市街とヴィトーシャ山(後景)
バンキャ市街とヴィトーシャ山(後景)
バンキャの位置(ブルガリア内)
バンキャ
バンキャ
座標:北緯42度42分 東経23度8分 / 北緯42.700度 東経23.133度 / 42.700; 23.133座標: 北緯42度42分 東経23度8分 / 北緯42.700度 東経23.133度 / 42.700; 23.133
ブルガリア

ソフィア市
行政
 • 町長 ランゲル・マルコフ
標高
695m
人口
(2015年3月15日)
 • 合計 1万1,667人
等時帯 UTC+2 (東ヨーロッパ時間)
 • 夏時間 UTC+3 (東ヨーロッパ夏時間)
郵便番号
1320
市外局番 02997

バンキャブルガリア語: Банкя, ラテン文字転写: Bankya)は、ブルガリア西部のソフィア郊外にある町[1]

鉱泉が有名で、数百年前から湯治に利用されてきた。1969年に町制施行したのち、1979年にソフィア市の一部となった。

リュリン山のふもと、標高630メートルから750メートルの地点に位置する。約2500年前にトラキア人が定住した。イヴァニャネ地区からは、4世紀から5世紀の古代ローマの建物や壁、下水道、青銅製のブレスレットなどが出土している。産業は温泉を生かした観光業が中心である。

早い例では15世紀の史料にバンカ (Banka) という地名がみえる。町名は「温泉」という意味である[2]

著名な出身者に、元首相のボイコ・ボリソフがいる。

南極グレアムランドにあるバンキャ峰は、町の名前に由来する。

バンキャの湯治場

脚注[編集]

  1. ^ District Mayors”. Sofia Municipality. 2009年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月26日閲覧。
  2. ^ Чолева-Димитрова, Анна М. (2002) (Bulgarian). Селищни имена от Югозападна България: Изследване. Речник. София: Пенсофт. p. 117. ISBN 954-642-168-5. OCLC 57603720.