バルナバ・ザン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルナバ・ザン(張巴拿巴、1882年2月21日 - ?)は山東省で生まれた。彼の前の名前はヂエン・ジュ(殿舉)であり、農夫として働いていた。また彼は骨董品のコレクターだった。

  • 1910年に, リンシェン・ザンが彼の村を訪問、罪を悔いて改めること、そして許しに関する説教を説教した。彼の妻は説教によって動いたが、ヂエン・ジュは最初それに反対した。しかし後に罪を悔いて改めるようになった。
  • 1911年3月16日、薄暗がりの荒野を歩いている時、ヂエン・ジュは「最後の日の間の救助は東から西へ来る; 国家すべてを救うために行きなさい」という声を聞いた。彼は膝を祈って祈り 聖霊によって語り始めた。まもなく、ヂエン・ジュと彼の全家族は主の名においてリンシェン・ザンにより洗礼を行った。4年の間信仰を培った後、リンシェン・ザンは年長者としてヂエン・ジュに手を置いた。
  • 1916年2月、 道を歩いている時、ヂエン・ジュは再度「私はあなたに大きい力を与える、南に向かい福音を触れ告げなさい」という声を聞いた。4月に彼は聖霊によって黙示された後、バルナバと名前を変えた。
  • 1919年に彼は中国の南部にて福音を開始し、多数の真イエス教会の祈りの建物を建設した。説教するときバルナバは通常の農民の衣類を着た。多くの奇跡的な印や致命的な病気を治す彼の業により、ほとんどの人々は彼を信じた。
  • 1926年までに彼は台湾へ説教し、 40日間に3つの教会を確立した。1927年東南アジアの信者からの招待の後、彼はシンガポールへ旅し、マレーシアにも赴き4つの教会を確立した。しかし、バルナバはイエス・キリストが5年以内に戻ると主張したが、それは起こらなかった。
  • 後年バルナバは自身を教会の設立者だと主張し、イサク・ウェイとの論争の後、香港に向かい、彼自身の総会を設立、自身を教会の司教と宣言した。その結果、1930年に彼は教会より除名された。

多くの人々は、後年の彼は正気ではなかったと語った。彼と彼の妻は、香港の教会で枢機卿教皇のような衣装で説教を行っていたという。

執筆の途中です この項目「バルナバ・ザン」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。