バルティ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バルティ人
Kids of Tarashing.jpg
バルティ人の子供
総人口
247,520(ギルギット・バルティスタン州の人口、1998年)
居住地域
ギルギット・バルティスタン州パキスタン)、ラダックインド
言語
バルティ語

バルティ人(Balti people)は、パキスタンギルギット・バルティスタン州の領土に居住する、ダルド族英語版混血したチベット系民族のグループである。インドラダック(主にカルギル地区英語版レー地区英語版にも居住。)大カシミール地域の外では、パキスタン中に散在しており、その大部分はラホールカラチイスラマバードラワルピンディなどの主要な都市中心部に住んでいる。

遺伝子[編集]

バルティ人で最も頻繁に見られるmtDNAハプログループは、隣接するチベット人集団のものと同じだが、バルティ人の男性で最も頻繁に見られるY染色体ハプログループは、イスラム教の導入により西からバルティスタンに入ったようである。バルティ語は最も保守的なチベット諸語の1つである[1]が、バルティ人の言語は、Y染色体ではなくmtDNAに対応しており、母系で言語が継承された顕著な例である[2]

脚注[編集]

  1. ^ van Driem, George (2007). “Austroasiatic phylogeny and the Austroasiatic homeland in light of recent population genetic studies”. Mon-Khmer Studies 37: 1–14.
  2. ^ van Driem, George (2012). “Etyma, shouldered adzes and molecular variants”. In Andrea Ender, Adrian Leemann and Bernhard Wälchli. Methods in Contemporary Linguistics. Berlin: Mouton de Gruyter