バルティモラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バルティモラ (Baltimora)
出身地 イタリア
ジャンル イタロ・ディスコ
活動期間 1985–1987
レーベル EMI
旧メンバー ジミー・マクシェイン
マウリツィオ・バッシ
ジョルジョ・コチロヴォ
クラウディオ・バツァーリ
ピエル・ミケラッティ
ガブリエレ・メロッティ

バルティモラ(Baltimora)は、1980年代半ばに活躍した、イタリアイタロ・ディスコ・ダンス音楽グループ 。フロントマンでボーカルのジミー・マクシェイン(Jimmy McShane)、キーボードでボーカルのマウリツィオ・バッシ(Maurizio Bassi)、リードギターのジョルジョ・コチロヴォ(Giorgio Cocilovo)、リズムギターのクラウディオ・バツァーリ(Claudio Bazzari)、ベースのピエル・ミケラッティ(Pier Michelatti)、ドラムのガブリエレ・メロッティ(Gabriele Melotti)がメンバーだった。最も有名な作品は1985年に英米でもヒットしたシングル「ターザン・ボーイ (Tarzan Boy)」である。

北アイルランドロンドンデリー出身のジミー・マクシェインは、フロントマンとしてバンドの前面に立っていたが、実際にリード・ボーカルを歌っていたのはキーボードのマウリツィオ・バッシで、マクシェインはバッキング・ボーカルを担当していた。これは彼らの最大のヒット曲である「ターザン・ボーイ」においても当てはまり、ビデオにはバッシではなくマクシェインが登場してリップシンクをしている[1]バルティモラの楽曲は、曲詞ともほとんどがバッシとネイミー・ハケット(Naimy Hackett)によって手がけられていたが、「Survivor in Love」など一部の曲ではマクシェインが詞を書いていた。

「ターザン・ボーイ」の成功が飛び抜けて大きかったため、バルティモラは英米では「ターザン・ボーイ」の一発屋として扱われることが多いが、ヨーロッパの一部の国々においては他にもヒット曲があった。

経歴[編集]

初期[編集]

1984年のはじめ、イタリアでミュージシャンとしての実績があった音楽プロデューサー、マウリツィオ・バッシは、新しいプロジェクトを構想していた。バッシは、ゲイ・コミュニティで「ルビー」という通り名で知られていたアイルランド赤十字の救急救命士、ジミー・マクシェイン(1957年5月23日-1995年3月29日)と知り合い、容姿がよくダンスの才にも恵まれていたマクシェインに少しボーカルをさせて、グループのフロントマンに据えることにした。当時のマクシェインは、髪型を様々に変えることや、大きな赤い縁の眼鏡でよく知られていた。

バッシは、他のミュージシャンたちも雇い入れて、後にアルバム「Living in the Background」と「Survivor in Love」に収録される曲を録音していった。

「ターザン・ボーイ」のヒット[編集]

1985年夏にリリースされた「ターザン・ボーイ」は大ヒットとなり、イタリアのチャートで初登場5位となったほか、ドイツ[2]スイスオーストリアスウェーデンフランスオランダノルウェーなど、ヨーロッパ諸国でもヒットした[3]

同様の成功はイギリスでも起こり、「ターザン・ボーイ」は1985年8月には英チャートの3位まで上昇した[4]。しかし、EMIからシングルが発売されたアメリカ合衆国では、Billboard Hot 100のチャートに入るのが遅れ、チャート入りの6ヶ月後、1986年初春になってようやく13位まで上昇した。バルティモラは米国のテレビ番組「Solid Gold」に出演し、米国での成功の一助とした。「ターザン・ボーイ」は、日本でも、1986年になってからヒットした。

2枚目のシングル「Woody Boogie」は、ドイツではトップ20に入り[2]、スイスやスウェーデンでもヒットした[5]

バルティモラの最初のアルバム「Living in the Background」は、ヨーロッパでは1985年末に、米国では1986年にリリースされた。シングル「ターザン・ボーイ」の大ヒットがあったにもかかわらず、このアルバムのチャートでの動きは伸びず、ヨーロッパの数カ国でアルバム・チャートのトップ20に入るという程度にとどまった[6]

バルティモラは、1987年にカムバックを試みて2枚目のアルバム「Survivor in Love」を出したが、シングル「Key Key Karimba」が数カ国のトップ100チャートに入っただけであった。

解散とその後[編集]

Survivor in Love」の後、アルバムの売れ行き不振を理由にレーベルからは次作への支援が得られなかったため、バッシは次のプロジェクトへ移る潮時だと判断し、バルティモラを解散した。

1993年にjは、「ターザン・ボーイ」のリミックス盤がBillboard Hot 100チャートに登場し、51位まで上昇したが、これはリステリンのCMに使用されたためであった。「ターザン・ボーイ」は、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ3 (Teenage Mutant Ninja Turtles III)』(1993年)や『ビバリーヒルズ・ニンジャ (Beverly Hills Ninja)』(1997年)でも使用された。

ジミー・マクシェインは、1995年3月29日AIDSの合併症により死去した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

アルバム名など 各国チャート最高位 売上げ認定
(List of music recording sales certifications)
米国

[7]

イタリア スウェーデン

[8]

1985 Living in the Background 49 26 18 カナダ: ゴールドディスク [9]
1987 Survivor in Love
  • レーベル: EMI
  • フォーマット: CD, LP
"—" は、チャート入りしなかったことを示す。

シングル[編集]

曲名 米国 英国 フランス スイス オランダ 収録アルバム
1985 "Tarzan Boy" 13 3 1 4 1 Living in The Background
"Living in the Background" 87 - - - -
1986 "Woody Boogie" - - - 15 32
"Juke Box Boy" - - - - -
1987 "Key Key Karimba" - - - - - Survivor in Love
"Survivor in Love" - - - - -
1988 "Global Love" (with Linda Wesley) - - - - -
"Call Me in the Heart of the Night" - - - - -

脚注・出典[編集]

  1. ^ See "Epilogue" section. Archived 2013年11月9日, at the Wayback Machine. euro-flash.com, 2004.
  2. ^ a b Suchergebnis (Search)”. charts-surfer.de. 2010年9月19日閲覧。
  3. ^ BALTIMORA - TARZAN BOY”. GfK Dutch Charts. 2010年9月19日閲覧。
  4. ^ UK Top 40 Hit Database”. everyhit.com. 2010年9月19日閲覧。
  5. ^ BALTIMORA - WOODY BOOGIE”. GfK Dutch Charts. 2010年9月19日閲覧。
  6. ^ BALTIMORA-Living in the Background (ALBUM)”. GfK Dutch Charts. 2010年9月19日閲覧。
  7. ^ American chart”. Billboard charts. 2009年9月23日閲覧。
  8. ^ Swedish albums chart”. swedishcharts.com. 2009年9月23日閲覧。
  9. ^ "CRIA Database Search for Baltimora" Canadian Recording Industry Association. Retrieved on August 23, 2009.

外部リンク[編集]